ライセンス

には、次のエディションがあります:

  • Enterprise
  • Standard
  • Free(ライセンス無効)

Standard Editionはエントリレベルの商品で、で提供される高度な機能は使用できませんが、強固で高性能な仮想化プラットフォームに必要なさまざまな機能を備えています。の包括的なサポートおよび保守サービスも提供されます。

Enterprise Editionは最上位レベルの商品で、サーバー、デスクトップ、およびクラウドワークロード用に最適化されています。Standard Editionで利用可能な機能に加えて、には以下の機能があります:

  • 自動Windows VM Driver更新
  • 管理エージェントの自動更新
  • SMBストレージのサポート
  • Direct Inspect API
  • 動的ワークロードバランス機能
  • NVIDIA GRIDおよびIntel GVT-gによるGPU仮想化
  • VMware vSphereからへの変換ユーティリティ
  • Intelセキュアメジャーブート(TXT)
  • プールリソースデータのエクスポート
  • インメモリ読み取りキャッシュ
  • PVSアクセラレータ
  • XenCenterを使用した自動アップデート
  • ライブパッチ
  • AMD MxGPU
  • Virtual Desktopsタブレットモードの有効化
  • 変更ブロック追跡
  • IGMPスヌーピング
  • USBパススルー
  • SR-IOVネットワークのサポート
  • 共有ブロックストレージデバイスのシンプロビジョニング

Virtual Appsまたは Virtual Desktopsを既に購入されている場合は、を使用する権限があります。つまり、上述のすべての機能を使用できます。

Free Editionでは、限られた機能が使用できますが、のサポートおよび保守サービスは提供されません。 Free Editionを実行しているホストは、XenCenterで「ライセンス無効」と表示されます。

詳しくは、「機能マトリックス」を参照してください。

では、ほかの製品と同じライセンス処理が行われます。このため、ライセンスサーバー上に有効なライセンスをインストールする必要があります。ライセンスサーバー は、 Licensingからダウンロードできます。は、( Virtual Apps and Desktopsライセンス以外に)ソケット単位のライセンスが適用されます。ライセンスの割り当ては、環境内のスタンドアロンの ライセンスサーバー(物理サーバーまたは仮想サーバー)により一元管理されます。ソケット単位のライセンスを適用すると、に [Per-Socket Edition] と表示されます。

注:

ライセンス済みのサーバーとそうでないサーバーを同一プール内で混在させた場合、ライセンスが適用されていない状態として動作します。

ライセンスがないホストには、いくつかの制限があります。詳しくは、「その他の質問」を参照してください。

ライセンス手順の概要

Enterprise EditionまたはStandard Editionのライセンスを取得するには、次のアイテムが必要です:

  • のライセンス

  • ライセンスサーバー

  • ホスト

  • XenCenter

次の手順は、プロセスの概要を示しています:

  1. ホストに、ライセンスサーバーをインストールするか、ライセンスサーバーVPXをインポートします。

  2. ライセンスファイルのダウンロード

  3. ライセンスファイルをライセンスサーバーに追加します。

  4. XenCenterを使用して、ライセンスサーバーの詳細を入力し、リソースプール内のホストに適用します。

ライセンスサーバーについて詳しくは、Citrixライセンスサーバーのドキュメントを参照してください。

のライセンス

Q:のライセンスはどこで購入できますか?

A:のライセンスはhttp://citrix.com/buyでご購入いただけます。

Q:のライセンスを適用するにはどうすればよいですか?

A:では、ライセンスサーバーが必要です。のライセンス購入後に、.LICライセンスアクセスコードが送付されます。このライセンスアクセスコードを次のいずれかにインストールします:

  • ライセンスサーバーソフトウェアが動作するWindowsサーバー、 または

  • ライセンスサーバーVPX。

サーバーにライセンスを割り当てると、がライセンスサーバーと通信して、必要なライセンスを要求します。これに成功したらライセンスがチェックアウトされ、ホストがライセンス化されるライセンスについての情報がライセンスマネージャに表示されます。

ライセンスサーバーVPXにライセンスを適用する手順については、「CTX200159 – のライセンスサーバー仮想アプライアンス(CLSVA)にのライセンスファイルを適用する方法」を参照してください。

Q:リソースプールにライセンスを適用するには、いくつのライセンスが必要ですか?

A:には、CPUソケット単位のライセンスが適用されます。リソースプールにライセンスが適用されていると見なされるには、プール内のすべてのホストにライセンスを割り当てる必要があります。では、使用されるCPUソケット数のみが考慮されます。

ライセンスサーバーを使用して、ライセンス管理コンソールのダッシュボードに利用可能なライセンスの数を表示できます。

Q:使用されていないソケットにはソケット単位のライセンスが必要ですか?

A:いいえ。使用されるCPUソケットのみ、ライセンスが適用されるソケットの数にカウントされます。

Q:ライセンスの有効期限が切れると、仮想マシン(VM)は失われますか?

A:いいえ、仮想マシンやそのデータが失われることはありません。

Q:ライセンスが適用されたプールがあり、ライセンスサーバーが使用できなくなった場合はどうなりますか?

A:ライセンスの有効期限は切れていないもののライセンスサーバーが使用できない場合は、以前に適用されたライセンスのレベルで30日間の猶予期間が与えられます。

Q:ソケット単位のライセンスで以前のバージョンのを にアップグレードしたいのですが、何か手続きは必要ですか?

A:いいえ。カスタマーサクセスサービスが少なくとも2018年5月16日まで有効な場合は、以前に購入したソケット単位のライセンスを使用してホストを にアップグレードできます。

ただし、最初の購入後にカスタマーサクセスサービスを更新した場合は、ライセンスサーバー上のライセンスファイルを更新して、カスタマーサクセスサービスの資格が表示されるようにする必要がある場合があります。

Q:ライセンスが適用されていないエディションの から に移行したいのですが、何か手続きは必要ですか?

A:いいえ。ホストを にアップグレードまたはアップデートできます。ただし、適切なライセンスが適用されるまでは、サポートサービスは提供されず、Premium機能も使用できません。

Q: Virtual Apps and Desktopsを使用しています。 から に移行したいのですが、何か手続きは必要ですか?

A:いいえ。 Virtual Appsまたは Virtual Desktopsをご利用のお客様は、 にシームレスにアップデートできます。インストールされた既存の Virtual Appsまたは Virtual Desktopsのライセンスでは、変更は一切必要なく、の使用権が付与されます。

ライセンス取引

Q: Virtual Apps and Desktopsのライセンスを持つ、サービスプロバイダーです。のこのライセンスは、 にアップグレードする時に使用できますか?

A:はい。 では、お持ちのライセンスがサポートされます。このライセンスでは、ので提供されるすべてのPremium機能を使用できます。このライセンスをプールに適用するには、プール内のすべてのホストをアップグレードまたはアップデートしてから を実行してください。

Q: Virtual Apps and Desktopsサービスのサブスクリプションを持つユーザーには、 を使用する権限がありますか?

A:はい。オンプレミスでデスクトップおよびアプリを使用できる Virtual Apps and Desktopsサービスのサブスクリプションをお持ちの場合、でこれらのデスクトップやアプリをホストする権限があります。

ライセンス管理ツールを使用してライセンスをダウンロードします。このライセンスをライセンスサーバーにインストールして、 Virtual Apps and Desktopsサービスサブスクリプションでオンプレミスのを使用します。

このライセンスでは、オンプレミスの Virtual Apps and Desktopsの権限と同様にすべてのPremium機能を使用できます。このライセンスをプールに適用するには、プール内のすべてのホストをアップグレードしてから を実行してください。

Q: Virtual Apps and Desktopsの一環として提供される、 の高度な仮想化管理機能の使用において、どのような制約がありますか?

A: Virtual Apps and Desktopsではすべてのエディションで、 の高度な仮想化管理機能をご使用いただけます。 Virtual Appsや Virtual Desktopsのライセンスで有効なすべての機能の完全な一覧については、の機能マトリックスを参照してください。

の利用特典では、 Virtual Appsまたは Virtual Desktopsの機能コンポーネントを提供するために必要なインフラストラクチャの仮想化が許可されます。これらの機能の使用は、 Virtual Appsまたは Virtual Desktopsのライセンスが適用されたユーザーまたはデバイスに限定する必要があります。

このライセンスでカバーされる Virtual Appsまたは Virtual Desktopsインフラストラクチャと同じリソースプールに展開され、 Virtual Appsまたは Virtual Desktopsインフラストラクチャのみをサポートするために使用される場合、インフラストラクチャをサポートする追加のサーバー(MicrosoftドメインコントローラーやSQL Serverなど)もカバーされます。

Virtual Appsまたは Virtual Desktopsライセンスの利用特典は、 Virtual Appsまたは Virtual DesktopsインフラストラクチャやVirtual Deliver Agent(VDA)をホストしていないプールには使用できません。また、上記の権限でカバーされていない仮想マシンのホストには、この権限を使用できません。これらの用途については、を別途ご購入いただく必要があります。

ライセンスサーバー

Q:ではどのライセンスサーバーを使用できますか?

A:バージョン11.14以降のライセンスサーバー(Microsoft Windowsを実行しているサーバーの場合)、またはLinuxベースのライセンスサーバーVPXを使用できます。

Q:ライセンスサーバーにライセンスをインポートするにはどうすればよいですか?

A:ライセンスファイルのインポート方法については、製品ドキュメントWebサイトのライセンスのドキュメントを参照してください。

Q:プール上でライセンスサーバーを実行できますか?

A:はい。ライセンスサーバーのソフトウェアをWindows仮想マシンにインストールするか、LinuxベースのライセンスサーバーVPXをインポートすることができます。ライセンスサーバーのソフトウェアはこの仮想アプライアンスにあらかじめインストールされているため、簡単に展開し、プールで仮想マシンとして実行できます。

ライセンスサーバーが起動できるようになるまで「猶予」ライセンスで動作します。このため、プール内のホストにライセンスを適用し、ライセンスサーバーが稼働しているホストを再起動すると、アプライアンスが再起動されるまでそのホストに猶予期間が適用されます。

Q:でWindowsバージョンのライセンスサーバーを使用できますか?

A:はい。

Q:ライセンスサーバーVPXや、Windowsにインストールしたライセンスサーバーソフトウェアで、他の製品のライセンスをインストールできますか?

A:はい、ライセンスサーバーVPXや、Windowsにインストールしたライセンスサーバーソフトウェアを使用して、他の製品のライセンスを取得できます。詳しくは、製品ドキュメントWebサイトの「ライセンス管理」を参照してください。

プールへのライセンス適用

Q:XenCenterを使用してすべてのホストにライセンスを適用するにはどうすればよいですか?

A:ライセンスを適用するには、以下の手順に従ってください:

  1. [ツール] メニューの [ライセンスマネージャ] を選択します。

  2. ライセンスを割り当てるプールまたはホストを選択し、[ライセンスの割り当て] をクリックします。

  3. [ライセンスの適用] ダイアログボックスで、ホストに割り当てるエディションの種類を指定し、ライセンスサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

Q:XenCenterを使用せずにライセンスを適用できますか?

A:はい、xe CLIを使用できます。host-apply-editionコマンドを実行します。たとえば、ホストにライセンスを適用するには、次のように入力します:

xe host-apply-edition edition=enterprise-per-socket|desktop-plus|desktop|standard-per-socket

license-server-address=<*licenseserveraddress* host-uuid=<*uuidofhost*

license-server-port=<*licenseserverport*

プールにライセンスを適用するには、pool-apply-editionコマンドを使用します。次に例を示します:

xe pool-apply-edition edition=enterprise-per-socket|desktop-plus|desktop|standard-per-socket\

license-server-address=<*licenseserveraddress*> pool-uuid=<*uuidofpool*>\

license-server-port=<*licenseserverport*>\

Q:ホストやプールのライセンスの状態を確認するにはどうすればよいですか?

A:サーバーやプールのライセンスの種類は、XenCenterに表示されます。

サーバーやプールのライセンスの種類を確認するには、ツリー表示で該当するサーバーまたはプールを選択します。XenCenterで、選択したサーバーまたはプールのタイトルバーに、サーバーまたはプールの名前に続いてライセンスの状態が表示されます。

ライセンス済みのサーバーとそうでないサーバーを同一プール内で混在させた場合、ライセンスが適用されていない状態として動作します。XenCenterのツリー表示には、ライセンス対象外のプールが三角形の警告アイコン付きで表示されます。

その他の質問

Q:を評価するためのライセンスはどうすれば取得できますか?

A:を評価する場合はライセンスは必要ありません。ライセンスが適用されていない状態でを使用できます。ただし、Premium機能は使用できません。また、のサポートおよび保守サービスは提供されません。

の機能はトライアルライセンスで試用できます。詳しくは、「はじめに」を参照してください。

Q:をライセンスなしで使用できますか?

A:ライセンスが適用されていない状態(Free Edition)のを使用すると、のサポートや保守を利用できなくなります。また、次の機能も制限され、ライセンスが必要になります:

  • ホストが3台以上含まれるプール

注:

既存のプールに3台以上のホストがある場合、プールに新規ホストを追加しない限りこの制限の影響を受けません。

  • 高可用性

  • 動的メモリ制御

  • ストレージモーション

  • 役割に基づいたアクセス制御

  • GPUパススルー

  • Site Recovery Manager

  • Active Directoryの統合

  • プールのローリングアップグレード

はトライアルライセンスで試用できます。詳しくは、「Getting started with 」を参照してください。

詳細情報の表示