ストレージのマルチパス

ファイバチャネルおよびiSCSIのストレージバックエンドでは、動的なマルチパスがサポートされます。マルチパスを有効にするには、XenCenterまたはxe CLIを使用します。

重要:

マルチパスを有効にする前に、使用するストレージサーバー上で複数のターゲットが使用可能になっていることを確認してください。たとえば、iSCSIストレージバックエンドの特定のポータルに対してsendtargetsを照会した場合、以下のように複数のターゲットが返されます:

iscsiadm -m discovery --type sendtargets --portal 192.168.0.161
192.168.0.161:3260,1 iqn.strawberry:litchie
192.168.0.204:3260,2 iqn.strawberry:litchie

次のコマンドを実行して、ホスト上のすべてのPBDをアンプラグします:

xe pbd-unplug uuid=pbd_uuid

ホストのother-config:multipathingパラメータを設定します:

xe host-param-set other-config:multipathing=true uuid=host_uuid

ホストのother-config:multipathhandleパラメータをdmpに設定します:

xe host-param-set other-config:multipathhandle=dmp uuid=host_uuid

ホスト上でシングルパスモードで動作しているストレージリポジトリのマルチパスを有効にするには、次の操作を行います:

  • そのストレージリポジトリ上の仮想ディスクを使用している、実行中の仮想マシンを移行またはサスペンドします。

  • そのストレージリポジトリのPBDをマルチパスで再接続するために、アンプラグして再プラグします:

     xe pbd-plug uuid=pbd_uuid
    

マルチパスを無効にする場合は、まずVBDをアンプラグし、ホストのother-config:multipathingパラメータをfalseに設定して、上記の手順でPBDを再プラグします。このとき、other-config:multipathhandleパラメータは変更しないでください。このパラメータは自動的に変更されます。

XenServerでのマルチパスのサポートは、デバイスマッパーmultipathd componentsに基づいています。マルチパスノードの有効化および無効化は、ストレージマネージャAPIにより自動的に処理されます。Linuxの標準ツール dm-multipathとは異なり、システム上のすべてのLUNのデバイスマッパーノードが自動的に作成されるわけではありません。ストレージ管理レイヤーによりLUNがアクティブに使用されるときにのみデバイスマッパーノードがプロビジョニングされます。このため、dm-multipath CLIツールを使ってXenServerのDMテーブルノードを照会したり更新したりする必要はありません。システム上のアクティブなデバイスマッパーマルチパスノードを確認したり、デバイスマッパーテーブルの状態を手作業で照会したりするには、以下のmpathutilユーティリティを使用します:

 mpathutil list

 mpathutil status

注:

  • 組み込まれているマルチパス管理アーキテクチャとの互換性がないため、標準的なCLIユーティリティdm-multipathをXenServerで使用しないでください。ホスト上のノードの状態を照会するには、CLIツールmpathutilを使用してください。
  • EqualLogicアレイでは、従来の意味でのストレージI/Oのマルチパス化がサポートされず、ネットワーク/NICボンディングレベルでマルチパス化する必要があります。EqualLogic/LVMoISCSIストレージリポジトリのネットワークフェイルオーバーの設定については、EqualLogicのドキュメントを参照してください。

ストレージのマルチパス

In this article