CLIでRBACを使用する

RBAC xe CLIコマンド

役割とサブジェクトを操作するには、次のコマンドを使用します。

使用可能な役割の一覧を表示するには

次のコマンドを実行します: xe role-list

これにより、次のような、現在定義されている役割の一覧が表示されます。

uuid( RO): 0165f154-ba3e-034e-6b27-5d271af109ba
name ( RO): pool-admin
description ( RO): The Pool Administrator role has full access to all
features and settings, including accessing Dom0 and managing subjects,
roles and external authentication

uuid ( RO): b9ce9791-0604-50cd-0649-09b3284c7dfd
name ( RO): pool-operator
description ( RO): The Pool Operator role manages host-  and pool-wide resources,
including setting up storage, creating resource pools and managing patches, and
high availability (HA).

uuid( RO): 7955168d-7bec-10ed-105f-c6a7e6e63249
name ( RO): vm-power-admin
description ( RO): The VM Power Administrator role has full access to VM and
template management and can choose where to start VMs and use the dynamic memory
control and VM snapshot features

uuid ( RO): aaa00ab5-7340-bfbc-0d1b-7cf342639a6e
name ( RO): vm-admin
description ( RO):  The VM Administrator role can manage VMs and templates

uuid ( RO): fb8d4ff9-310c-a959-0613-54101535d3d5
name ( RO): vm-operator
description ( RO):  The VM Operator role can use VMs and interact with VM consoles

uuid ( RO): 7233b8e3-eacb-d7da-2c95-f2e581cdbf4e
name ( RO): read-only
description ( RO): The Read-Only role can log in with basic read-only access

注:

役割の一覧は固定的であり、追加、削除、および変更はできません。

現在のサブジェクトの一覧を表示するには

次のコマンドを実行します:

xe subject-list

これにより、次のような、XenServerユーザー、UUID、および割り当てられている役割の一覧が表示されます:

uuid ( RO): bb6dd239-1fa9-a06b-a497-3be28b8dca44
subject-identifier ( RO): S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2244
other-config (MRO): subject-name: example01\user_vm_admin; subject-upn: \
  user_vm_admin@XENDT.NET; subject-uid: 1823475908; subject-gid: 1823474177; \
  subject-sid: S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2244; subject-gecos: \
  user_vm_admin; subject-displayname: user_vm_admin; subject-is-group: false; \
  subject-account-disabled: false; subject-account-expired: false; \
  subject-account-locked: false;subject-password-expired: false
roles (SRO): vm-admin

uuid ( RO): 4fe89a50-6a1a-d9dd-afb9-b554cd00c01a
subject-identifier ( RO): S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2245
other-config (MRO): subject-name: example02\user_vm_op; subject-upn: \
  user_vm_op@XENDT.NET; subject-uid: 1823475909; subject-gid: 1823474177; \
  subject-sid: S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2245; \
  subject-gecos: user_vm_op; subject-displayname: user_vm_op; \
  subject-is-group: false; subject-account-disabled: false; \
  subject-account-expired: false; subject-account-locked: \
  false; subject-password-expired: false
roles (SRO): vm-operator

uuid ( RO): 8a63fbf0-9ef4-4fef-b4a5-b42984c27267
subject-identifier ( RO): S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2242
other-config (MRO): subject-name: example03\user_pool_op; \
  subject-upn: user_pool_op@XENDT.NET; subject-uid: 1823475906; \
  subject-gid: 1823474177; subject-s id:
  S-1-5-21-1539997073-1618981536-2562117463-2242; \
  subject-gecos: user_pool_op; subject-displayname: user_pool_op; \
  subject-is-group: false; subject-account-disabled: false; \
  subject-account-expired: false; subject-account-locked: \
  false; subject-password-expired: false
  roles (SRO): pool-operator

RBACにサブジェクトを追加するには

既存のActive DirectoryユーザーにRBACの役割を割り当てるには、XenServerでそのユーザーアカウントまたは適切なグループアカウントのサブジェクトインスタンスを作成します。

次のコマンドを実行して、新しいサブジェクトインスタンスを追加します:

xe subject-add subject-name=AD user/group

新しいサブジェクトにRBACの役割を割り当てるには

サブジェクトを作成したら、それにRBACの役割を割り当てます。役割はUUIDまたは名前で指定します:

次のコマンドを実行します:

    xe subject-role-add uuid=subject uuid role-uuid=role_uuid

または

    xe subject-role-add uuid=subject uuid role-name=role_name

たとえば、次のコマンドでは、UUIDがb9b3d03b-3d10-79d3-8ed7-a782c5ea13b4のサブジェクトにプール管理者の役割が割り当てられます:

    xe subject-role-add uuid=b9b3d03b-3d10-79d3-8ed7-a782c5ea13b4 role-name=pool-admin

サブジェクトに割り当てられているRBACの役割を変更するには

ユーザーの役割を変更するには、既存の割り当てを解除してから新しい役割を割り当てる必要があります:

次のコマンドを実行します:

    xe subject-role-remove uuid=subject uuid role-name= \
      role_name_to_remove
    xe subject-role-add uuid=subject uuid  role-name= \
      role_name_to_add

新しい役割を有効にするには、そのユーザーをいったんログアウトしてから再ログインする必要があります(この操作には「アクティブなユーザー接続のログアウト」権限が必要であり、この権限はプール管理者とプールオペレータに付与されます)。

警告:

プール管理者サブジェクトを追加または削除すると、このサブジェクトのSSHアクセスがプール内の全ホストで有効または無効になるまでに数秒の遅延が生じる場合があります。

監査

役割ベースのアクセス制御の監査ログには、ログインしたユーザーにより実行されたすべての管理タスクが記録されます。

  • 記録される各メッセージには、そのタスクを実行した管理者のサブジェクトIDおよびユーザー名が記録されます。

  • 許可されていない操作を実行しようとした場合は、その操作が記録されます。

  • 成功した操作も記録されます。操作に失敗した場合はそのエラーコードが記録されます。

監査ログのxe CLIコマンド

次のコマンドにより、そのプールのRBAC監査ファイルのすべての記録がファイルとしてダウンロードされます。オプションのsinceパラメータを指定すると、その日時以降の記録のみがダウンロードされます。

xe audit-log-get \[since=timestamp\] filename=output filename

プールからすべての監査記録を取得するには

次のコマンドを実行します:

xe audit-log-get filename=/tmp/auditlog-pool-actions.out

特定の日時(ミリ秒単位)以降の監査記録を取得するには

次のコマンドを実行します:

xe audit-log-get since=2009-09-24T17:56:20.530Z \
filename=/tmp/auditlog-pool-actions.out

特定の日時(分単位)以降の監査記録を取得するには

次のコマンドを実行します:

xe audit-log-get since=2009-09-24T17:56Z \
filename=/tmp/auditlog-pool-actions.out

CLIでRBACを使用する