Demo Linux Virtual Appliance

Citrix では、CentOS 5.5ディストリビューションに基づいたデモ用の仮想アプライアンス「Demo Linux Virtual Appliance」を提供しています。 アプライアンスは、単一のxvaファイルとしてXenServerダウンロードページからダウンロードできます。

xvaファイルは、XenCenterで簡単にインポートして、完全な機能持つLinux仮想マシンを作成できます。追加の設定手順は必要ありません。

Demo Linux Virtual Applianceを使用すると、迅速かつ簡単に仮想マシンを導入できます。このアプライアンスを使用して、 XenMotionのようなXenServerの製品機能、動的メモリ制御、高可用性をテストします。Demo Linux Virtual ApplianceにはXenServer Toolsがインストールされており、構成済みのネットワークおよびテスト用のWebサーバー機能も含まれています。

警告:

Demo Linux Virtual Applianceを業務用途で使用することはできません。

Demo Linux Virtual Applianceのインポート

  1. Demo Linux Virtual ApplianceをXenServerダウンロードページからダウンロードします。

    このページにアクセスするには、マイアカウントにアクセスできる必要があります。Citrixアカウントは、Citrixホームページで取得できます。

  2. リソースペインでホストまたはプールを右クリックして、[インポート]を選択します。**インポートウィザードが開きます。

  3. [参照] をクリックして、ダウンロードしたDemo Linux Virtual Applianceのxvaファイルを指定します。

  4. [次へ] をクリックします。

  5. インポート先のXenServerホストまたはプールを選択して、[次へ]をクリックします。

  6. 仮想アプライアンスのディスクを格納するストレージリポジトリを選択して、[次へ]をクリックします。

  7. [完了]をクリックして、仮想アプライアンスをインポートします。

注:

インポートした仮想アプライアンスの初回起動時に、ルートパスワードを設定するための画面が表示されます。次に、仮想マシンのIPアドレスが表示されます。テスト目的には便利なので、IPアドレスを記録してください。

テストについて

ここでは、Demo Linux Virtual Applianceが正しく設定されているかどうかを確認するためのいくつかのテストについて説明します。

  1. 外部ネットワークへの接続についてテストします。

    XenCenterのコンソールから、仮想マシンにログインします。次のコマンドを実行して、Googleへのpingパケットを送信して応答を確認します。

    ping -c 10 google.com
    

    インストールされているその他のネットワークツールには、ifconfig、netstat、tracepathがあります。

  2. 仮想アプライアンスの初回起動時に表示されたIPアドレスを使用して、ほかのコンピュータからこの仮想マシンにpingパケットを送信できることを確認します。

  3. Webサーバーの設定についてテストします。

    Webブラウザで、仮想マシンのIPアドレスを入力します。「デモンストレーションLinux仮想マシン」ページが開きます。このページには、仮想マシンにマウントされたディスクのサイズ、場所、および使用状況についての簡単な情報が表示されます。

このWebページでは、ほかのディスクをマウントすることもできます。

「Demonstration Linux Virtual Machine」ページでディスクをマウントする

  1. XenCenterで、仮想マシンに仮想ディスクを追加します。これを行うには、リソースペインで仮想マシンを選択して、[ストレージ] タブの [追加] をクリックします。

  2. 新しい仮想ディスクの名前と、任意で説明を入力します。

  3. 新しい仮想ディスクのサイズを入力します。

    仮想ディスクを格納するストレージリポジトリに、そのディスクに十分な容量があることを確認する必要があります。

  4. 新しい仮想ディスクを格納するストレージリポジトリを選択します。

  5. [作成] をクリックして新しい仮想ディスクを追加し、ダイアログボックスを閉じます。

  6. [コンソール]タブをクリックして、通常の方法で仮想ディスクのパーティション作成およびフォーマットを行います。

  7. Webブラウザで「Demonstration Linux Virtual Machine」ページの表示を更新します。

  8. [Mount]をクリックします。これによりディスクがマウントされ、ファイルシステムの情報が表示されます。

仮想ディスクの追加について詳しくは、XenCenterのオンラインヘルプを参照してください。