仮想マシンの問題のトラブルシューティング

Citrixは、以下の2つの形式のサポートを提供します:

  • [Citrix]()ウェブサイトでの無料セルフヘルプサポート
  • サポートサイトから購入可能な有料のサポートサービス

Citrixのテクニカルサポートを受けるには、オンラインでサポートケースを登録したり、サポート担当者に電話したりできます。

Citrixサポートサイトでは、XenServerの問題解決に有用な情報が提供されています。ここでは、製品のドキュメント、ナレッジベース、ディスカッションフォーラムなどのリソースにアクセスできます。

仮想マシンの異常な動作が見られる場合は、このセクションが問題の解決に役立ちます。このセクションでは、問題についてXenServerソリューションプロバイダやCitrixに問い合わせる場合に必要な、アプリケーションログの場所やそのほかの情報についても説明します。

重要:

ここで説明するトラブルシューティングを実行する場合には、XenServerソリューションプロバイダーまたはCitrixサポートの指示に従うことをお勧めします。

ベンダーによるアップデート:オペレーティングシステムのベンダーが提供するアップデートを使用して、仮想マシンを最新の状態に保ちます。ベンダーから、仮想マシンのクラッシュやその他の障害に対する修正プログラムが提供されている場合があります。

仮想マシンのクラッシュ

仮想マシンのクラッシュの問題を解決するには、カーネルのクラッシュダンプ情報を参照します。可能であれば、クラッシュを再現し、この手順に従ってください。この問題の詳細な調査については、ゲストOSベンダーにお問い合わせください。

Linux仮想マシンのクラッシュダンプ動作の制御

Linux仮想マシンでのクラッシュダンプの動作は、actions-after-crashパラメーターで制御できます。設定可能な値は以下のとおりです。

説明
preserve 仮想マシンを一時停止状態にします。(分析のため)
restart コアダンプを記録せずに、仮想マシンの再起動のみを実行します。(これがデフォルトです)
destroy コアダンプを記録せずに、仮想マシンを停止状態のままにします。

Linux仮想マシンのクラッシュダンプの保存を有効にするには:

  1. XenServerホスト上で、次のコマンドを実行して、対象の仮想マシンのUUIDを確認します。

    xe vm-list name-label=name params=uuid --minimal
    
  2. xe vm-param-setを使用して、actions-after-crashの値を変更します。たとえば、dom0で次のコマンドを実行します:

    xe vm-param-set uuid=vm_uuid actions-after-crash=preserve
    
  3. 仮想マシンをクラッシュします。

    • PVゲストの場合は、仮想マシンで次のコマンドを実行します。

      echo c | sudo tee /proc/sysrq-trigger
      
    • HVMゲストの場合は、dom0で次のコマンドを実行します。

      /usr/lib/xen/bin/crash_guest vm-domid
      
  4. dom0でダンプコアを実行します。たとえば、次のコマンドを実行します。

    xl dump-core domid filename
    

Windows仮想マシンのクラッシュダンプ動作の制御

Windows仮想マシンでのコアダンプの動作は、actions-after-crashパラメーターで制御できません。デフォルトでは、Windowsのクラッシュダンプは、Windows仮想マシン自体の%SystemRoot%\Minidumpに保存されます。

仮想マシンでのダンプレベルは、[マイコンピュータ]>[プロパティ]>[詳細設定]>[起動と回復] で設定できます。

Linux仮想マシンの起動の問題のトラブルシューティング

XenServerホストコントロールドメインに、xe-edit-bootloaderという名前のユーティリティスクリプトがあります。このスクリプトを使用して、シャットダウンLinux仮想マシンのブートローダ設定を編集し、仮想マシンの起動を妨げる問題を解決できます。

このスクリプトを使用するには:

  1. 次のコマンドを実行します。

    xe vm-list
    

    このコマンドにより、対象の仮想マシンがシャットダウンされているかどうかを確認できます(power-stateの値はhaltedになります)。

  2. 仮想マシンのUUIDを指定して編集対象のブートローダーを開くには、次のコマンドを実行します。

    xe-edit-bootloader -u linux_vm_uuid -p partition_number
    

    または、名前ラベルを次のように使用できます:

    xe-edit-bootloader -n linux_vm_name_label -p partition_number
    

    パーティション番号には、ファイルシステムが設定されているディスクのスライスを指定します。デフォルトのDebianテンプレートの場合、最初のパーティションになるため、パーティション番号は1です。

  3. 指定した仮想マシンのgrub.confファイルがエディタで表示されます。問題を解決するためにファイルを変更し、ファイルを保存してエディタを終了し、仮想マシンを起動します。

Version

仮想マシンの問題のトラブルシューティング