解決された問題

この記事では、このリリースで解決された以前の問題について説明します。

  • 特定のストレージターゲットを使用するXenServerプールの場合、iSCSIモジュールの競合状態により、プール内のホストに障害が発生する可能性があります。(CA-287658)
  • 入出力ドライバがインストールされているWindows 10仮想マシンでは、バグチェックコード139の障害が発生する可能性があります。これは、非ページ化メモリの割り当て中に矛盾した状態が発生するという、Windowsの問題が原因です。(CA-290852)
  • 再起動時に、エラーコードSR_BACKEND_FAILURE_453で仮想マシンの起動が失敗する可能性があります。(CA-292268)
  • XenServer 7.5で新しく作成された仮想マシンのライブマイグレーションでは、(PVドライバーのWindows Updateを有効にするために)has-vendor-deviceをtrueに設定したWindows仮想マシンでネットワークデバイスを追加または削除することはできません。以前のバージョンのXenServerからライブマイグレーションを実行した仮想マシンは、この問題の影響を受けません。(CA-286948)
  • 再起動後、XenServerホストがCompellentアレイ上のiSCSIターゲットに接続できないことがあります。(CA-288738)
  • シャットダウンすると、XenServerホストは「reached target shutdown」メッセージを表示してハングアップする可能性があります。これは、シャットダウンする前にXAPIがiSCSIストレージリポジトリに対してPBDを正常に取り外すことができない場合に発生します。(CA-288738)
  • PVSアクセラレータサプリメンタルパックをアップデートすると、アップデートがXenCenterの次のエラーで失敗する可能性があります:UPDATE_APPLY_ERROR。(CA-292633)
  • XenCenterが、前に接続を失ったプールに自動的に再接続した後で失敗する可能性があります。(CA-289150)
  • プールオペレータ役割を持つユーザーがXenCenterを使用して種類がハードウェアHBAまたはソフトウェアFCoEの新しいストレージリポジトリを作成しようとすると、LUNのスキャンが失敗する可能性があります。(CA-290064)
  • 1TiBを超える、種類がVHDのVDIファイルのインポートはサポートされておらず、VDI_IO_ERRORが発生します。(CA-292288)
  • リソースプール間で仮想マシンを移行しようとすると、次のエラーで移行が失敗する可能性があります:Storage_interface.Internal_error("Jsonrpc.Parse_error(_)")。この移行の失敗により、XenCenterの一部のバージョンで障害が発生する可能性があります。(CA-291048)
  • XenハイパーバイザーのPV-IOMMUモジュールのメモリ不足状態により、XenServerホストに障害が発生する可能性があります。(CA-290664)

解決された問題

In this article