Citrix ADC アプライアンス

Citrix ADCは、アプリケーション固有のトラフィックを分析して、Webアプリケーション向けにレイヤー4レイヤー7(L4~L7)ネットワークトラフィックをインテリジェントに分散、最適化、保護するアプリケーション配信Controller です。ADCの機能は、スイッチング、セキュリティと保護、サーバーファームの最適化、グローバル・サーバー・ロード・バランシング(GSLB)に大きく分類できます。詳しくは、Citrix ADC製品サイトを参照してください。

Citrix ADC製品ライン

Citrix ADCは、ハードウェアまたはソフトウェアベースのアプライアンスとして利用できます。ハードウェアオプションには、シングルテナントデバイスおよびマルチテナントデバイスが含まれます。ソフトウェアベースのオプションには、仮想ハイパーバイザベースおよびコンテナ化されたマイクロサービスが含まれます。

Citrix ADC MPX(ハードウェア) Citrix ADC SDX(ハードウェア) Citrix ADC VPX(ソフトウェア) Citrix ADC CPX(ソフトウェア) Citrix ADC BLX (ソフトウェア)
Citrix ADC MPXは、500Mb/秒から200 Gb/秒までのパフォーマンスを提供するハードウェアベースのアプリケーション配信アプライアンスです。 Citrix ADC SDXアプライアンスは、複数の仮想Citrix ADCマシン(インスタンス)をプロビジョニングおよび管理できるマルチテナントプラットフォームです。 Citrix ADC VPX製品は、さまざまな仮想化プラットフォームとクラウドプラットフォームでホストできる仮想アプライアンスで、10 Mb/秒から100 Gb/秒までのパフォーマンスを提供します。 Citrix ADC CPXは、Docker コンテナとして配信されるCitrix ADCです。 Citrix ADC BLX アプライアンスは、Citrix ADC のソフトウェアフォームファクタです。これは、市販の市販サーバー(COTS)上のベアメタルLinux上でネイティブに動作するように設計されています。
詳しくは、MPX ハードウェアドキュメントMPX 機能構成ドキュメントを参照してください。 詳しくは、SDX ハードウェアドキュメント管理サービスの構成ドキュメントを参照してください。 詳しくは、VPX展開ドキュメントVPX機能構成ドキュメントを参照してください。 詳細については、「Citrix ADC CPX に関するドキュメント」を参照してください 詳細については、「Citrix ADC BLX のドキュメントです。」を参照してください

Citrix ADCが検証したリファレンス設計の詳細については、検証済みリファレンス・デザインを参照してください。

Citrix ADC アプライアンス