アプリケーショントラフィックの認証、承認、監査

OWA 2010 のセッションタイムアウト

非アクティブの指定された期間後にタイムアウトに OWA 2010 接続を強制できるようになりました。OWA は、タイムアウトを防ぐために、繰り返しキープアライブ要求をサーバーに送信します。接続を開いたままにしておくと、シングルサインオンが妨げられることがあります。

コマンドラインインターフェイスを使用して、指定した期間後に OWA 2010 を強制的にタイムアウトするには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • add tm trafficAction <actname> [-forcedTimeout <forcedTimeout> -forcedTimeoutVal <mins>]

    <actname>では、トラフィックポリシーの名前に置き換えます。<mins>には、強制タイムアウトを開始するまでの時間(分単位)を代入します。<forcedTimeout>には、次のいずれかの値を置き換えます。

    • START:タイマーがまだ開始されていない場合、強制タイムアウトのタイマーを開始します。実行中のタイマーが存在する場合、効果はありません。
    • STOP:実行中のタイマーを停止します。実行中のタイマーが見つからない場合、は効果がありません。
    • RESET:実行中のタイマーを再起動します。実行中のタイマーが見つからない場合は、START オプションが使用されているかのようにタイマーを起動します。
  • add tm trafficPolicy <polname> <rule> <actname>

    <polname>では、トラフィックポリシーの名前に置き換えます。<rule>の場合は、Citrix ADC デフォルト構文でルールを置き換えます。

  • bind lb vserver <vservername> –policyName <name> -priority <number>

    <vservername>には、認証、認可、および監査トラフィック管理仮想サーバの名前を置き換えます。<priority>には、ポリシーのプライオリティを指定する整数を代入します。

add tm trafficAction act-owa2010timeout -forcedTimeout RESET -forcedTimeoutVal 10
add tm trafficPolicy pol-owa2010timeout true act-owa2010timeout
bind lb vserver vs-owa2010 -policyName pol-owa2010timeout -priority 10
OWA 2010 のセッションタイムアウト