Citrix ADC

ストリーム識別子の構成

ストリーム識別子を設定して、特定のセレクタによって識別される要求から統計データを収集するためのパラメータを指定します。識別子は、使用するセレクタ、統計収集間隔、サンプル数、およびレコードをソートするフィールドを指定します。

Citrix ADCアプライアンスには、一般的なユースケース用に次の組み込みストリーム識別子が含まれています。すべての組み込み識別子は、サンプルカウントを 1、間隔を 1 分間指定します。さらに、 REQUESTS 属性のデータを並べ替えます。それらは、異なる組み込みセレクタに関連付けられていることだけが異なります。各組み込み識別子は、同じ名前の組み込みセレクタに関連付けられます(たとえば、組み込み識別子 Top_URL は組み込みセレクタの Top_URL に関連付けられます)。組み込み識別子は次のとおりです。

  • Top_URL
  • Top_CLIENTS
  • Top_URL_CLIENTS_LBVSERVER
  • Top_URL_CLIENTS_CSVSERVER
  • Top_MSSQL_QUERY_DB_LBVSERVER
  • Top_MYSQL_QUERY_DB_LBVSERVER

組み込みセレクタの詳細については、「セレクタの設定」を参照してください。

注:セレクタの文字列結果(HTTP.REQ.URLなど)を格納するための最大長は60文字です。文字列 (URL など) の長さが 1000 文字で、そのうちの 50 文字で文字列を一意に識別できる場合は、式を使用して必要な 50 文字だけを抽出します。

組み込み識別子の設定は変更できません。ただし、選択した構成で識別子を作成できます。

コマンドラインインターフェイスを使用してストリーム識別子を構成するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ストリーム ID を構成し、構成を確認します。

  • add stream identifier <name> <selectorName> [-interval <positive_integer>] [-SampleCount <positive_integer>] [-sort <sort>]
  • show stream identifier <name>

> add stream identifier myidentifier Top_URL -interval 10 -sampleCount 100
 Done

GUI を使用してストリーム識別子を構成するには

  1. [AppExpert] > [アクション分析] > [ストリーム識別子] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。
    • ストリーム識別子を作成するには、[Add] をクリックします。
    • ストリーム識別子を変更するには、識別子を選択し、[編集] をクリックします。
  3. ストリーム識別子の構成ページで、次のパラメータを設定します。
    • 名前
    • セレクタ
    • 間隔
    • サンプル数
    • 並べ替え
  4. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

ストリーム識別子の構成