AppExpert

トラフィックポリシーの設定

Citrix Gateway アプリケーションノードでリソースに対して構成するトラフィックポリシーは、アプリケーションへのクライアント接続を制御します。リソースの規則を設定する必要はありません。リソースの作成時に自動的に作成されるルール。要求プロファイルをトラフィックポリシーに関連付けるだけで済みます。トラフィックプロファイルでは、プロトコル、アプリケーションタイムアウト、ファイルタイプの関連付けなどのパラメータを指定します。

リソースのトラフィックポリシーを設定するには

  1. GUI のナビゲーションウィンドウで、[AppExpert] を展開し、[Access Gatewayアプリケーション] をクリックします。
  2. 詳細ペインの [Traffic] 列で、トラフィックポリシーを構成するアプリケーション、ファイル共有、イントラネットサブネット、またはリソースのアイコンをクリックします。
  3. [Configure Traffic Policy] ダイアログボックスで、次の操作を行います。
    • 既存のトラフィックポリシーを指定するには、[Insert Policy] をクリックし、[Policy Name] 列でポリシーの名前をクリックします。

    • 新しいポリシーを構成するには、[ポリシーの挿入] をクリックし、[ポリシー名] 列の [新しいポリシー] をクリックします。[トラフィックポリシーの作成] ダイアログボックスの [名前] ボックスに、アンダースコア (_) の後にポリシーの名前を入力します。次に、[要求プロファイル] で既存の要求プロファイルを選択するか、[新規] をクリックして新しい要求プロファイルを設定します。既存のプロファイルを選択し、[修正] をクリックしてプロファイルを修正することもできます。

      トラフィックポリシーまたはプロファイルの設定の詳細については、Citrix Gatewayを参照してください。

    • 挿入したポリシーを変更するには、[ポリシー名] 列でポリシー名をクリックし、[ポリシーの変更] をクリックします。関連付けられたプロファイルのみを変更するには、[プロファイル] 列でプロファイルの名前をクリックし、[プロファイルの変更] をクリックします。

    • ポリシーに割り当てられた優先度を再生成するには、[優先を再生成する] をクリックします。

    • ポリシーの新しいプライオリティ値を指定するには、[Priority] 列で割り当てられているプライオリティをダブルクリックし、必要な値を入力します。

    • ポリシーをバインド解除するには、ポリシーをクリックし、[ポリシーのバインド解除] をクリックします。

  4. [変更の適用] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
トラフィックポリシーの設定