AppExpert

式内の日付と時刻の形式

日付と時刻(Citrix ADC システム時刻やSSL証明書の日付など)に対応するポリシーで高度なポリシー式を構成する場合は、次のように時間形式を指定します。

GMT|LOCAL [<yyyy>] [<month>] [<d>] [<h>] [<m>] [<s>]

各項目の意味は次の通りです:

  • <yyyy>は、GMTまたはLOCALの後の4桁の年です。

  • <month>は、月を表す 3 文字の省略形です (たとえば、Jan、Decなど)。

  • <d>は曜日または日付の整数です。

    月曜日、火曜日などに曜日を指定することはできません。月の特定の日に整数を指定するか、月の第 1、第 2、第 3 の曜日として日付を指定します。曜日を指定する例を次に示します。

    • Sun_1は月の第 1 日曜日を指定します。
    • Sun_3は 月の第 3 日曜日を指定します。
    • Wed_3は 月の第 3 水曜日を指定します。
    • 30 は、月の正確な日付の例です。
  • <h>は時間(たとえば、10h)です。

  • <s> は秒数(30秒など)です。

次の式は、日付が 2008 年 1 月から 2009 年 1 月の間 (GMT に基づく) である場合に true になります。

http.req.date.between(GMT 2008 Jan, GMT 2009 Jan)

次の式は、GMT に基づいて、3 月および暦年の 3 月に続くすべての月に対して真です。

sys.time.ge(GMT 2008 Mar)

日付と時刻を指定する場合は、大文字と小文字が区別され、エントリ間の空白の正確な数を保持する必要があることに注意してください。

**注:**

2 つの時間値を必要とする式では、両方とも GMT を使用するか、両方とも LOCAL を使用する必要があります。式で 2 つを混在させることはできません。

高度なポリシー式でSYS.TIMEプレフィックスを使用する場合とは異なり、書き換えアクションでSYS.TIMEを指定すると、Citrix ADCは従来の日付形式(Sun, 06 11月 1994 08:49:37 GMT など)の文字列を返します。たとえば、次の書き換え操作では、http.res.dateヘッダーがCitrix ADC システム時刻に置き換えられます。

リライトアクションを追加同期日付 http.res.dateを置き換える
式内の日付と時刻の形式