AppExpert

Citrix ADC システム時刻の式

SYS.TIME 式プレフィックスは、Citrix ADC のシステム時刻を抽出します。Citrix ADC システム時間に応じて、特定のイベントが特定の時間に発生したか、特定の時間範囲内に発生したかを示す式を設定できます。

次の表に、SYS.TIME プレフィックスを使用して作成できる式を示します。

  • SYS.TIME.BETWEEN(<time1>, <time2>):

    戻り値がより遅い場合、ブール型 TRUE を返します <time1> <time2>。

    <time1>、<time2> 引数を次のようにフォーマットします。

    • 両方とも GMT または両方の LOCAL である必要があります。
    • <time2>は<time1>より後の値である必要があります。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、月の第 1 日曜日である場合は、次のように指定できます。

    • sys.time.between(GMT 2004, GMT 2006)
    • sys.time.between(GMT 2004 Jan, GMT 2006 Nov)
    • sys.time.between(GMT 2004 Jan, GMT 2006)
    • sys.time.between(GMT 2005 May Sun_1, GMT 2005 May Sun_3)
    • sys.time.between(GMT 2005 May 1, GMT May 2005 1)
    • sys.time.between(LOCAL 2005 May 1, LOCAL May 2005 1)
  • SYS.TIME.DAY:

    月の現在の日を 1 ~ 31 の数値として返します。

  • SYS.TIME.EQ(<time>):

    現在の時間が<time>引数と等しい場合、ブール型 TRUE を返します。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、その月の第 1 日曜日である場合、次のように指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • sys.time.eq(GMT 2005) (この例ではTRUE。)
    • sys.time.eq(GMT 2005 Dec) (この例ではFALSE。)
    • sys.time.eq (LOCAL 2005 May) (この例では、現在のタイムゾーンに応じて TRUE または FALSE に評価されます。)。
    • sys.time.eq(GMT 10h) (この例では TRUE。)
    • sys.time.eq(GMT 10h 30s) (この例では TRUE。)
    • sys.time.eq(GMT May 10h) (この例では TRUE。)
    • sys.time.eq(GMT Sun) (この例では TRUE。)
    • sys.time.eq(GMT May Sun_1) (この例では TRUE。)
  • SYS.TIME.NE(<time>):

    現在の時間が<time>引数と等しくない場合、ブール型 TRUE を返します。

  • SYS.TIME.GE(<time>):

    現在の時刻が<time>以降の場合は、ブール型 TRUE を返します。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、その月の第 1 日曜日である場合、次のように指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • sys.time.ge(GMT 2004) (この例では TRUE。)
    • sys.time.ge(GMT 2005 Jan) (この例では TRUE。)
    • sys.time.ge(LOCAL 2005 May) (現在のタイムゾーンに応じて TRUE または FALSE。)
    • sys.time.ge (GMT 8h) (この例では TRUE)
    • sys.time.ge (GMT 30m) (この例では FALSE)
    • sys.time.ge(GMT May 10h)(この例では TRUE)
    • sys.time.ge(GMT May 10h 0m)(この例では TRUE)
    • sys.time.ge(GMT Sun)(この例では TRUE)
    • sys.time.ge(GMT May Sun_1) (この例では TRUE)
  • SYS.TIME.GT(<time>):

    時刻の値が<time>引数以降の場合は、ブール型 TRUE を返します。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、その月の第 1 日曜日である場合、次のように指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • sys.time.gt(GMT 2004) (この例では TRUE)
    • sys.time.gt(GMT 2005 Jan) (この例では TRUE)
    • sys.time.gt(LOCAL 2005 May) (現在のタイムゾーンに応じて TRUE または FALSE。)
    • sys.time.gt(GMT 8h) (この例では TRUE)
    • sys.time.gt(GMT 30m) (この例では FALSE)
    • sys.time.gt(GMT May 10h) (この例では FALSE)
    • sys.time.gt(GMT May 10h 0m)(この例では TRUE)
    • sys.time.gt(GMT Sun) (この例では FALSE)
    • sys.time.gt(GMT May Sun_1) (この例では FALSE)
  • SYS.TIME.HOURS:

    現在の時間を 0 ~ 23 の整数で返します。

  • SYS.TIME.LE(<time>):

    現在の時間の値が<time>引数の前または等しい場合は、ブール型 (Boolean) の値を返します。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、その月の第 1 日曜日である場合、次のように指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • システムタイム.le (GMT 2006) (この例では TRUE)
    • sys.time.le(GMT 2005 Dec) (この例では TRUE)
    • sys.time.le(LOCAL 2005 May) (現在のタイムゾーンに応じて TRUE または FALSE。)
    • sys.time.le (GMT 8 h) (この例では FALSE)
    • sys.time.le (GMT 30m) (この例では TRUE)
    • sys.time.le(GMT May 10h) (この例では TRUE。)
    • sys.time.le(GMT Jun 11h) (この例では TRUE。)
    • sys.time.le(GMT Wed)(この例では TRUE)
    • sys.time.le(GMT May Sun_1) (この例では TRUE)
  • SYS.TIME.LT(<time>):

    現在の時間の値が<time>引数の前の場合は、ブール型 (Boolean) の値を返します。

    たとえば、現在の時刻が GMT 2005 5 月 1 日 10h 15m 30 秒で、その月の第 1 日曜日である場合、次のように指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • sys.time.lt(GMT 2006) (この例では TRUE。)
    • sys.time.lt.time.lt(GMT 2005 Dec) (この例では TRUE。)
    • sys.time.lt(LOCAL 2005 May) (現在のタイムゾーンに応じて TRUE または FALSE。)
    • sys.time.lt (GMT 8 h) (この例では FALSE を返します)。
    • sys.time.lt(GMT 30m) (この例では TRUE。)
    • sys.time.lt(GMT May 10h)(この例では FALSE)
    • sys.time.lt(GMT Jun 11h) (この例では TRUE。)
    • sys.time.lt(GMT Wed) (この例では TRUE。)
    • sys.time.lt(GMT May Sun_1) (この例では FALSE。)
  • SYS.TIME.MINUTES:

    現在の分を 0 ~ 59 の整数で返します。

  • SYS.TIME.MONTH:

    現在の月を抽出し、1 (1 月) ~ 12 (12 月) の整数を返します。

  • SYS.TIME.RELATIVE_BOOT:

    直近またはスケジュールされた再起動までの秒数を計算し、整数を返します。

    最も近いブート時間が過去のものである場合、整数は負の値になります。将来の場合、整数は正です。

  • SYS.TIME.RELATIVE_NOW:

    Citrix ADC 現在のシステム時刻から指定した時刻までの秒数を計算し、差を示す整数を返します。

    指定した時刻が過去の場合、整数は負の値になります。将来の場合、整数は正の値になります。

  • SYS.TIME.SECONDS:

    現在のCitrix ADCシステム時刻から秒を抽出し、その値を0~59の整数として返します。

  • SYS.TIME.WEEKDAY:

    現在の平日を 0 (日曜日) ~ 6 (土曜日) の値で返します。

  • SYS.TIME.WITHIN (<time1>, <time2>):

    <time1>たとえば、日や時間などの時間要素を省略すると、その範囲内で最も低い値を持つと見なされます。でエレメントを省略すると <time2>、そのエレメントは範囲内で最も高い値を持つと見なされます。

    時間の要素の範囲は、月1-12、日1-31、平日0-6、時間0-23、分0-59、秒0-59です。年を指定する場合は、<time1> との両方で年を指定する必要があります <time2>。

    たとえば、時刻が GMT 2005 5 月 10 日 10h 15m 30 秒で、月の第 2 火曜日である場合、次の値を指定できます (評価結果は括弧内に表示されます)。

    • sys.time.within(GMT 2004, GMT 2006)(この例では TRUE)
    • sys.time.within(GMT 2004 Jan, GMT 2006 Mar)(FALSE、5 月は 1 月 ~ 3 月の範囲外です)。
    • sys.time.within(GMT Feb, GMT)(TRUE, 5月は 2 月から 12 月の範囲です。)
    • sys.time.within(GMT Sun_1, GMT Sun_3)(TRUE、第 2 火曜日は第 1 日曜日と第 3 日曜日の間です。)
    • sys.time.within(GMT 2005 May 1 10h, GMT May 2005 1 17h)(この例では、TRUEです)。
    • sys.time.within(LOCAL 2005 May 1, LOCAL May 2005 1) (Citrix ADC システムのタイムゾーンに応じて、TRUE または FALSE。)
  • SYS.TIME.YEAR:

    現在のシステム時刻から年を抽出し、その値を 4 桁の整数として返します。

Citrix ADC システム時刻の式