Citrix ADC

高度なポリシーインフラストラクチャの構成

DNS、書き換え、レスポンダー、統合キャッシュなど、さまざまなCitrix ADC機能、およびCitrix Gateway のクライアントレスアクセス機能に関する高度なポリシーを作成できます。ポリシーは、これらの機能の動作を制御します。

ポリシーを作成するときは、名前、規則(式)、機能固有の属性、およびデータがポリシーと一致したときに実行されるアクションを割り当てます。ポリシーを作成したら、ポリシーをグローバルにバインドするか、仮想サーバーの要求時間処理または応答時間処理のいずれかによって呼び出されるタイミングを決定します。

同じバインドポイントを共有する ポリシーは、ポリシーバンクと呼ばれます。たとえば、仮想サーバーにバインドされているすべてのポリシーが、仮想サーバーのポリシーバンクを構成します。ポリシーをバインドするときは、優先度レベルを割り当てて、バンク内の他のポリシーと相対的に呼び出されるタイミングを指定します。優先度レベルを割り当てるだけでなく、Goto 式を指定することで、バンク内のポリシーの任意の評価順序を設定できます。

組み込みのバインドポイントまたは仮想サーバーに関連付けられたポリシーバンクに加えて、 ポリシーラベルを構成できます。ポリシーラベルは、任意の名前で識別されるポリシーバンクです。ポリシーラベルとその中のポリシーは、グローバルまたは仮想サーバ固有のポリシーバンクから呼び出します。ポリシーラベルまたは仮想サーバポリシーバンクは、複数のポリシーバンクから呼び出すことができます。

一部の機能では、ポリシーマネージャを使用してポリシーを設定およびバインドできます。

高度なポリシーインフラストラクチャの構成