AppExpert

URL 変換ポリシーの設定

URL変換プロファイルを作成したら、次にURL変換ポリシーを作成し、Citrix ADCがそのプロファイルを使用して変換する要求と応答を選択します。URL 変換では、各要求とその応答が 1 つの単位と見なされるため、URL 変換ポリシーは要求を受信したときにのみ評価されます。ポリシーが一致すると、Citrix ADCは要求と応答の両方を変換します。

注:URL 変換および書き換え機能は、リクエスト処理中に同じ HTTP ヘッダー上で動作することはできません。このため、リクエストに URL 変換を適用する場合は、変更する HTTP ヘッダーがどれも書き換えアクションによって操作されていないことを確認する必要があります。

Citrix ADC コマンドラインを使用して URL 変換ポリシーを構成するには

新しいポリシーを作成する必要があります。コマンドラインでは、既存のポリシーだけを削除できます。Citrix ADCコマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、URL変換ポリシーを構成し、構成を確認します。

  • <add transform policy <name> <rule> <profileName>
  • <show transform policy <name>

:

> add transform policy polsearch  HTTP.REQ.URL.SUFFIX.EQ("Searching") prosearching
 Done
> show transform policy polsearch
1)      Name: polsearch
        Rule: HTTP.REQ.URL.SUFFIX.EQ("Searching")
        Profile: prosearching
        Priority: 0
        Hits: 0
 Done

Citrix ADC コマンドラインを使用して URL 変換ポリシーを削除するには

Citrix ADCコマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、URL変換ポリシーを削除します。

rm transform policy <name>

:


> rm transform policy polsearch
Done

構成ユーティリティを使用して URL 変換ポリシーを構成するには

  1. ナビゲーションウィンドウで、[書き換え]、[URL 変換] の順に展開し、[ポリシー] をクリックします。

  2. 詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいポリシーを作成するには、[Add] をクリックします。
    • 既存のポリシーを変更するには、ポリシーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [URL 変換ポリシーの作成] または [URL 変換ポリシーの構成] ダイアログボックスで、パラメータの値を入力または選択します。ダイアログ・ボックスの内容は、「URL変換ポリシーを構成するためのパラメータ」で説明されているパラメータに対応しています(アスタリスクは必須パラメータを示します)。

    • Name*:name(以前に設定したポリシーでは変更できません)
    • プロファイル*—profileName
    • 式—rule

    新しいポリシーの式の作成についてヘルプが必要な場合は、[Expression] テキストボックスにカーソルがある状態で、Ctrl キーを押したままスペースバーを押します。式を作成するには、下記の説明に従って直接入力するか、[式の追加] ダイアログボックスを使用します。

  4. [プレフィックス] をクリックし、式のプレフィックスを選択します。

    選択肢は次のとおりです:

    • HTTP:HTTP プロトコル。HTTP プロトコルに関連するリクエストの側面を調べる場合は、これを選択します。

    • SYS:保護されている Web サイト。リクエストの受信者に関連するリクエストの側面を調べる場合は、これを選択します。

    • CLIENT:要求を送信したコンピュータ。リクエストの送信者の一部を調べる場合は、これを選択します。

    • SERVER—要求が送信されたコンピュータ。要求の受信者のいくつかの側面を調べる場合は、これを選択します。

    • URL:リクエストの URL。リクエストの送信先の URL の一部を調べる場合は、これを選択します。

    • TEXT:要求内の任意のテキスト文字列。リクエスト内のテキスト文字列を調べる場合に選択します。

    • TARGET — リクエストのターゲット。リクエストターゲットのいくつかの側面を調べる場合は、これを選択します。

    プリフィックスを選択すると、Citrix ADCでは2つの部分からなるプロンプトウィンドウが表示され、上部に次の選択肢が表示され、下部に選択した選択肢が意味する簡単な説明が表示されます。選択肢は、選択したプレフィクスによって異なります。

  5. 次の用語を選択します。

プレフィックスとして HTTP を選択した場合、REQ は HTTP 要求を指定し、RES は HTTP 応答を指定します。RES は HTTP 応答を指定します。別のプレフィックスを選択した場合、選択肢はより多様になります。特定の選択肢に関するヘルプを表示するには、その選択肢を 1 回クリックすると、下部のプロンプトウィンドウにその選択肢に関する情報が表示されます。

目的の選択肢が確定したら、ダブルクリックして [式] ウィンドウに挿入します。

  1. ピリオドを入力し、前のリストボックスの右側に表示されるリストボックスから用語の選択を続行します。式が終了するまで、値の入力を求めるプロンプトが表示されるテキストボックスに、適切なテキスト文字列または数値を入力します。

  2. 新しいポリシーを作成するか、既存のポリシーを変更するかに応じて、[Create] または [OK] をクリックします

  3. [閉じる] をクリックします。ポリシーが正常に構成されたことを示すメッセージがステータスバーに表示されます。

[式の追加] ダイアログボックスを使用して式を追加するには

  1. [レスポンダーアクションの作成] または [レスポンダーアクションの構成] ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。
  2. [式の追加] ダイアログボックスの最初のリストボックスで、式の最初の用語を選択します。

    • HTTP. HTTP プロトコル。HTTP プロトコルに関連するリクエストの側面を調べる場合は、これを選択します。
    • SYS. 保護された Web サイト。リクエストの受信者に関連するリクエストの側面を調べる場合は、これを選択します。
    • CLIENT。要求を送信したコンピュータ。リクエストの送信者の一部を調べる場合は、これを選択します。
    • SERVER。要求が送信されたコンピュータ。要求の受信者のいくつかの側面を調べる場合は、これを選択します。
    • [URL]をクリックします。リクエストの URL。リクエストの送信先の URL の一部を調べる場合は、これを選択します。
    • TEXT. リクエスト内の任意のテキスト文字列。リクエスト内のテキスト文字列を調べる場合に選択します。
    • TARGET. リクエストのターゲット。リクエストターゲットのいくつかの側面を調べる場合は、これを選択します。 選択すると、右端のリストボックスには、式の次の部分に適した用語が一覧表示されます。
  3. 2 番目のリストボックスで、式の 2 番目の項を選択します。選択内容は、前のステップで行った選択内容によって異なり、コンテキストに適切です。2 番目の選択を行うと、[式を構築] ウィンドウの下にある [ヘルプ] ウィンドウ (空白) に、選択した用語の目的と使用方法を示すヘルプが表示されます。
  4. 式が終了するまで、前のリストボックスの右側に表示されるリストボックスから用語を選択するか、値の入力を求めるテキストボックスに文字列または数値を入力します。