Citrix ADC

WAF 使用のためのホワイトハット WASC シグニチャタイプ

Citrix Web App Firewall は、ホワイトハットスキャナーが生成するすべての脆弱性の種類のブロックルールを受け入れ、生成します。ただし、特定の脆弱性は、Web App Firewall に最も当てはまります。これらの脆弱性のリストは、WASC 1.0、WASC 2.0、またはベストプラクティスのシグネチャの種類によって分類されます。

WASC 1.0 シグニチャタイプ

  • HTTP リクエストの密輸中
  • HTTP 応答の分割
  • HTTP 応答の密輸
  • ヌル・バイト・インジェクション
  • リモートファイルの包含
  • URL リダイレクタの不正使用

WASC 2.0 シグニチャタイプ

  • 機能的濫用
  • ブルートフォース
  • コンテンツのなりすまし
  • サービス拒否
  • ディレクトリのインデックス作成
  • 情報漏えい
  • アンチオートメーションが不十分
  • 認証が不十分
  • 承認が不十分
  • セッションの有効期限が不十分
  • LDAPインジェクション
  • セッション固定

ベスト プラクティス

  • オートコンプリート属性
  • クッキーのアクセス制御が不十分
  • パスワード強度が不十分
  • 無効な HTTP メソッドの使用法
  • 非HTTPのみのセッションクッキー
  • パーシステント・セッション・クッキー
  • 個人を特定できる情報
  • セキュアなキャッシュ可能な HTTP メッセージ
  • セキュリティで保護されていないセッションクッキー

WAF 使用のためのホワイトハット WASC シグニチャタイプ