Citrix ADC

Citrix Web App Firewall 有効化

セキュリティ構成を作成する前に、アプライアンスでCitrix Web App Firewall 機能を有効にする必要があります。

確認事項

  • 専用のCitrix Web App Firewallアプライアンスを構成する場合、または既存のアプライアンスをアップグレードする場合、この機能はすでに有効になっています。ここで説明する手順のいずれかを実行する必要はありません。
  • 新しいCitrix ADCまたはVPXを使用している場合は、構成する前にCitrix Web App Firewall 機能を有効にする必要があります。
  • 以前のバージョンからCitrix ADCまたはVPXをアップグレードする場合は、事前にCitrix Web App Firewall 機能を有効にする必要があります。

注:

以前のバージョンからCitrix ADCまたはVPXをアップグレードする場合は、Citrix Web App Firewall を有効にする前に、アプライアンスのライセンスを更新する必要があります。適切なライセンスを取得するには、Citrix の担当者またはリセラーにお問い合わせください。

コマンドインターフェイスを使用してCitrix Web App Firewall を有効にする

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

enable ns feature AppFW

GUI を使用して Web App Firewall を有効にする

  1. [システム] > [設定]に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[高度な機能の構成] をクリックします。
  3. 高度な機能の構成]ページで、 Citrix Web App Firewallを選択します。
  4. [OK] をクリックします。

GUI で Web アプリケーションファイアウォールを有効にする

Citrix Web App Firewall 有効化