Citrix ADC

Web App Firewall プロファイルタイプの変更

Web App Firewall プロファイルで間違ったプロファイルタイプを選択した場合、または保護された Web サイトのコンテンツの種類が変更された場合は、プロファイルタイプを変更できます。

注記 プロファイルタイプを変更すると、新しいプロファイルタイプがサポートしていないフィーチャのすべての構成設定と学習済み緩和またはルールが失われます。たとえば、プロファイルの種類を Web 2.0 から XML に変更すると、開始 URL、フォームフィールドの一貫性チェック、その他の HTML 固有のセキュリティチェックの構成オプションが失われます。古いプロファイルタイプと新しいプロファイルタイプの両方でサポートされているオプションの設定は変更されません。

コマンドラインインターフェイスを使用して Web App Firewall プロファイルの種類を変更するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • set appfw profile <name> -type ( **HTML** | **XML** | **HTML XML** )
  • save ns config

次の例では、pr-basic という名前のプロファイルのタイプを HTML から HTML XML に変更します。これは、GUI の Web 2.0 タイプと同じです。

set appfw profile pr-basic -type HTML XML
save ns config

GUI を使用して Web App Firewall プロファイルの種類を変更するには

  1. [セキュリティ] > [アプリケーションファイアウォール] > [ポリシー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[操作] をクリックし、[プロファイルの種類の変更] をクリックします。
  3. [Web App Firewall プロファイルの種類の変更] ダイアログボックスの [プロファイルの種類] ドロップダウンリストで、新しいプロファイルの種類を選択します。
  4. [OK] をクリックして変更を保存し、[プロファイル] ペインに戻ります。

Web App Firewall プロファイルタイプの変更