Citrix ADC

オリジンではなくキャッシュへの直接ポリシーヒット

デフォルトでは、リクエストがポリシーに一致すると、Citrix ADCアプライアンスは、キャッシュリダイレクトの構成に応じて、オリジンサーバーに直接送信するか、オリジンの負荷分散仮想サーバーに要求を転送します。

要求がポリシーに一致したときに、要求がキャッシュの負荷分散仮想サーバーに転送されるように、デフォルトの動作を変更できます。

ポリシーヒットの送信先をオリジンまたはキャッシュに変更するには、onPolicyMatch パラメータを使用します。このパラメータには、キャッシュのリダイレクションポリシーと一致するリクエストの送信先を指定します。

有効なオプションは次のとおりです。

  1. CACHE-一致するすべての要求をキャッシュに送ります。
  2. ORIGIN-一致するすべての要求をオリジナル・サーバーに送信します。

注記:このオプションを使用するには、キャッシュ方向タイプを「ポリシー」(POLICY) として選択する必要があります。

指定可能な値:CACHEとORIGIN

デフォルト値:ORIGIN

CLI を使用して、ポリシーヒットの送信先をオリジンまたはキャッシュに変更する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ポリシーヒットの宛先を変更し、設定を確認します。

-  set cr vserver <name> [-onPolicyMatch (ORIGIN | CACHE)]
-  show cr vserver <name>

例:

> set cr vserver Vserver-CRD-1 -onPolicyMatch CACHE
 Done
> show cr vserver Vserver-CRD-1
        Vserver-CRD-1 (*:80) - HTTP     Type: CONTENT
        State: UP  ARP:DISABLED
        Client Idle Timeout: 180 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        Default:        Content Precedence: URL Cache: TRANSPARENT
        On Policy Match: CACHE  L2Conn: OFF     OriginUSIP: OFF
        Redirect: POLICY        Reuse: ON       Via: ON ARP: OFF

1)      Cache bypass  Policy: bypass-cache-control
2)      Cache bypass  Policy: Policy-CRD
 Done

GUI を使用して、ポリシーヒットの送信先をオリジンまたはキャッシュに変更する

  1. [トラフィック管理] > [キャッシュリダイレクト] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、ポリシーヒットの宛先を変更する仮想サーバー ( Vserver-CRD-1など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [仮想サーバーの構成 (キャッシュリダイレクト)] ダイアログボックスで、[詳細設定] タブをクリックします。
  4. [リダイレクト先] ドロップダウンリストから [CACHE] または [ORIGIN] を選択します。
  5. [OK] をクリックします。

オリジンではなくキャッシュへの直接ポリシーヒット