Citrix ADC

上位層のCitrix ADCアプライアンスの構成

各上位層のCitrix ADCアプライアンスを次のように構成します。

コマンド CLI を使用して n 層キャッシュリダイレクト用の上位層アプライアンスを構成する

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

  • add service \<name\>@ \<serviceIP\> \<serviceType\> \<port\>

    追加するサービスごとにこのコマンドを実行します。

  • add lb vserver \<name\>@ ANY \* \<port\> -persistenceType \<persistenceMethod\> -lbMethod \<lbMethod\> -m MAC -sessionless ENABLED -cltTimeout \<client\_Timeout\_Value\>

  • bind lb vserver \<name\>@ \<serviceName\>

    バインドする各サービスに対してこのコマンドを実行します。

  • enable ns mode l3

  • add ns pbr \<name\> \<action\> -srcPort \<sourcePortNumber\> -destPort \<startPortNumber-endPortNumber\> -nexthop \<serviceIpAddress\> -protocol TCP

  • apply ns pbrs

    必要なすべての PBR を追加した後、このコマンドを実行します。

GUI を使用して n 層キャッシュリダイレクト用の上位層アプライアンスを構成する

  1. L3 モードを有効にします。
    1. ナビゲーションウィンドウで、[システム] をクリックし、[設定] をクリックします。
    2. [設定] グループで、[モードの構成] リンクをクリックします。
    3. [レイヤ 3 モード(IP 転送)] チェックボックスをオンにします。
    4. [OK] をクリックします。
  2. ポリシーベースルーティング(PBR)を設定します。
    1. [システム] > [ネットワーク] > [PBR] に移動します。
    2. [ポリシーベースルーティング (PBR)] ウィンドウで、[追加] をクリックします。
    3. PBR の名前を入力します。
    4. アクションを [許可] として選択します。
    5. [Next Hop] ボックスに、サービスの IP アドレスを入力します。これは、下位層のアプライアンスを表します。
    6. [プロトコル] ドロップダウンリストから [TCP] を選択します。
    7. 送信元ポートと、追加する下位層のアプライアンスに対応する宛先ポートの範囲を入力します。
    8. [作成] をクリックします。
    9. 詳細ペインで PBR を選択し、[Apply] をクリックします。
    10. 下位層アプライアンスごとに、ステップ(i)からステップ(vii)を繰り返します。
  3. 下位層アプライアンスごとにサービスを作成します。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動します。
    2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
    3. 名前、プロトコル、IP アドレス、およびポートを指定します。プロトコルは ANY である必要があります。
    4. [作成] をクリックします。
  4. 負荷分散仮想サーバーを構成します。
    1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
    2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
    3. 名前、プロトコル、IP アドレス、およびポートを指定します。プロトコルは ANY、IP アドレスは * である必要があります。
    4. [サービス]タブで、下位層のCitrix ADCアプライアンスを表すサービスを選択します。
    5. [詳細設定] タブで、[MAC ベース] としてリダイレクションモードを選択し、[セッションレス] チェックボックスをオンにします。
    6. [作成] をクリックします。

上位層のCitrix ADCアプライアンスの構成