Citrix ADC

選択的キャッシュリダイレクト

選択型キャッシュリダイレクトは、特定の種類のコンテンツ(画像など)に対する要求を 1 つのキャッシュサーバまたはキャッシュサーバのグループに送信し、他の種類のコンテンツを別のキャッシュサーバまたはキャッシュサーバのグループに送信します。高度なキャッシュリダイレクトは、トランスペアレント、リバースプロキシ、またはフォワードプロキシモードで構成できます。

選択的キャッシュリダイレクトでは、Citrix ADCアプライアンスはクライアント要求を傍受し、キャッシュ不可能な要求をクライアント要求の元の宛先に転送します。キャッシュ可能な要求の場合、アプライアンスは特定のコンテンツタイプのコンテンツを提供できる宛先キャッシュサーバーに要求を送信します。

選択的キャッシュリダイレクトには、キャッシュリダイレクトポリシーに加えてコンテンツスイッチングポリシーを構成することが含まれます。アプライアンスは、まず、キャッシュリダイレクション仮想サーバーにバインドされているキャッシュリダイレクションポリシーを評価します。要求がキャッシュリダイレクションポリシーと一致する場合、キャッシュリダイレクション仮想サーバーは、要求をオリジンサーバーまたはオリジンの負荷分散仮想サーバーに送信します。要求に一致するキャッシュリダイレクトポリシーがない場合、アプライアンスはキャッシュリダイレクション仮想サーバーにバインドされたコンテンツスイッチングポリシーを評価します。コンテンツスイッチングポリシーが要求と一致する場合、キャッシュリダイレクト仮想サーバーは、要求をキャッシュの負荷分散仮想サーバーにリダイレクトします。

選択的キャッシュリダイレクトを構成するには、まずCitrix ADCアプライアンスでキャッシュリダイレクト、負荷分散、コンテンツスイッチングを有効にします。次に、キャッシュと関連する HTTP サービスの負荷分散仮想サーバーを構成します。その後、キャッシュリダイレクト仮想サーバーを構成し、キャッシュリダイレクトとコンテンツスイッチングポリシーの両方をバインドします。ポリシーをバインドしたら、ルールベースまたは URL ベースのコンテンツスイッチングポリシーを優先するように仮想サーバを設定できます。

Edge デプロイトポロジでトランスペアレントモードキャッシュリダイレクト用に構成されている場合、アプライアンスはキャッシュ可能なすべての HTTP トラフィックをトランスペアレントキャッシュファームに送信します。クライアントは、アプライアンスを介してインターネットにアクセスします。アプライアンスは、ポート 80 でトラフィックを受信するレイヤ 4 スイッチとして構成されています。

アプライアンスは、イメージのリクエスト(.gifファイルや.jpgファイルなど)を透過キャッシュファーム内の1つのサーバーに送信し、その他の静的コンテンツのリクエストはすべてファーム内の他のサーバーに送信できます。この構成では、イメージキャッシュにイメージを送信し、キャッシュ可能な他のすべてのコンテンツをデフォルトのキャッシュに送信するように、コンテンツスイッチングポリシーを構成します。

注: ここで説明する設定は、透過的な選択キャッシュのリダイレクト用です。したがって、リバースプロキシ構成と同様に、オリジンに負荷分散仮想サーバーは必要ありません。

このタイプの選択キャッシュリダイレクトを構成するには、最初にキャッシュリダイレクト、負荷分散、およびコンテンツスイッチングを有効にします。次に、キャッシュの負荷分散仮想サーバーを構成し、関連付けられた HTTP サービスを構成します。次に、キャッシュリダイレクト仮想サーバーを構成し、キャッシュリダイレクトとコンテンツスイッチングポリシーの両方を作成し、この仮想サーバーにバインドします。

アプライアンスでキャッシュリダイレクトと負荷分散を有効にする方法の詳細については、キャッシュのリダイレクトと負荷分散を有効にするを参照してください。

選択的キャッシュリダイレクト