割り当て

代入文は式を評価し、結果の値を変数に代入します。

variable = expression

前述のように、任意の型の値を任意の変数に割り当てることができるので、次のことが許可されます。

local v1 = "a string literal" v1 = 10

代入文は、実際にフォームを使用して、複数の変数を設定することができます

variable1, variable2, … = expression1, expression2, …

式よりも多くの変数がある場合、余分な変数には nil が割り当てられます。変数よりも多くの式がある場合、余分な式値は破棄されます。式はすべて代入の前に評価されるため、これを使用して 2 つの変数の値を簡潔に交換できます。

v1, v2 = v2, v1

は次と等価です。

tmp = v1 v2 = v1 v1 = tmp

割り当て