チュートリアル — プロトコル拡張を使用して MQTT プロトコルをCitrix ADC アプライアンスに追加する

カスタムプロトコルの Command Line Interface(CLI; コマンドラインインターフェイス)コマンドは、キーワード「user」を使用して、基礎となる設定エンティティのユーザ定義の性質を示します。拡張コードの助けを借りて、新しいユーザプロトコルをシステムに追加し、ユーザ定義プロトコルのユーザ仮想サーバを追加することができます。ユーザー仮想サーバーは、パラメータを設定することによって順番に設定できます。仮想サーバパラメータの設定値は、拡張コードで使用できます。

MQTT プロトコルは説明目的で使用されます。

次の図は、Citrix ADC アプライアンスと MQTT クライアントとブローカーツールを示しています。

ローカライズされた画像

チュートリアル — プロトコル拡張を使用して MQTT プロトコルをCitrix ADC アプライアンスに追加する