Citrix ADC

トラブルシューティングのガイドライン

テクニカルサポート

すべてのトラブルシューティングとエスカレーションのクエリには、最新のCitrix ADCテクニカルサポートバンドルが必要です。バンドルには、現在の構成、インストールされているファームウェアのバージョン、ログファイル、未処理のコアなどが含まれます。

例:

show techsupport

showtechsupport data collector tool - $Revision: #5 $!
...

すべてのデータは、

...
Archiving all the data into "/var/tmp/support/collector_P_192.168.121.117_18Jun2015_09_53.tar.gz" ....
Created a symbolic link for the archive with /var/tmp/support/support.tgz
/var/tmp/support/support.tgz  ---- points to ---> /var/tmp/support/collector_P_192.168.121.117_18Jun2015_09_53.tar.gz

テクニカルサポートバンドルが生成されると、SCP を使用してコピーされることがあります。

トレース

Citrix ADC TCP最適化の問題では、通常、Citrix ADCトレースを適切にトラブルシューティングする必要があります。同様の条件、すなわち、同じセル上、同じ時間帯に、同じユーザー機器とアプリケーションを使用して、トレースをキャプチャしようとする必要があることに注意してください。

トレースのキャプチャには、nstrace の起動コマンドと nstrace の停止コマンドを使用できます。

  • トレース上で無関係な不要なパケットをキャプチャしないようにするため、適切なフィルタを使用することを強くお勧めします。たとえば、スタート nstrace-filter ‘IP == 10.20.30.40 ‘を使用して、IP アドレス 10.20.30.40 との間で送受信されるパケットだけをキャプチャします。これは、ユーザー機器の IP アドレスです。
  • -tcpdump オプションは使用しないでください。これは、デバッグに必要な nstrace ヘッダーを取り除くためです。

トレース分析

Citrix ADC トレースがキャプチャされると、Wireshark 1.12 以降でトレースが表示されることがあります。キャプチャされたトレースに、次の画面キャプチャ に示すように、適切なCitrix ADCパケットトレースヘッダーが含まれていることを確認します。

ローカライズされた画像

追加のデバッグヘッダーは、次の図にも表示されます。

ローカライズされた画像

接続テーブル

問題が TCP 最適化に関連し、再現できるか、または進行中の場合は、プライマリ T1 ノードから問題が発生したときに接続テーブルも取得することをお勧めします。

テーブルを取得するには、BSDシェルに切り替えて次のコマンドを実行する必要があります。

shell
...

nscli -U 127.0.0.1:nsroot:nsroot show connectiontable -detail full link > /var/tmp/contable.log

コマンドはより長い時間実行され、その時点で管理 CPU に負荷がかかることがありますが(接続テーブルのエントリ数によって異なります)、サービスには影響しません。

トラブルシューティングのガイドライン