Citrix ADC

はじめに

ハードウェア

Citrix社は、2つの要因に基づいて緩くかもしれないCitrix ADCモデルの広い息を提供します:

  • 容量は現在、ローエンドVPXアプライアンスでは数百Mbpsからハイエンド25000 MPXシリーズアプライアンスの場合は160Gbpsまで
  • Telco グレード。Telco データセンター用の T1000 シリーズが利用可能である。

デモ、トライアル、または本番環境のニーズに適したハードウェアの選択については、Citrix の営業担当者またはサポート担当者がサポートします。

このセクションの残りの部分では、Citrix ADC T1200をリファレンスハードウェアとして使用します。利用可能なインターフェイスの数と表記に関する表面的な違い(注*を参照)、またはCitrix ADC VPX 十分に文書化された制限(注*を参照)については、指示が適用されることに注意してくださいほとんど関係なく、選択されたCitrix ADCモデルの.

* たとえば、T1010モデルには、このドキュメントで使用されている 10/x 表記ではなく、通常 1/1-1/12 とマークされている12x1GbE しかありません。

**Citrix ADC VPXインスタンスは、通常、LACP集約をサポートしていません。また、VLANタグをサポートしていない場合があります。

初期設定

シリアル・コンソール経由

シリアルケーブルを接続したら、次の資格情報を使用してCitrix ADCアプライアンスにログオンできます。

  • ユーザー名:nsroot
  • パスワード:nsroot

ログインしたら、以下の画面キャプチャに示すように、Citrix ADCアプライアンスの基本的な詳細を設定します。

例:

set ns config –IPAddress <ip_addr> -netmask <netmask>

saveconfig

reboot -warm

アプライアンスを再起動した後、SSH を使用して T1100 ノードをさらに構成できます。

LOMを経て

Citrix ADCアプライアンスのフロントパネルにあるライトアウト管理(LOM)ポートにより、オペレータはオペレーティングシステムから独立してアプライアンスをリモートで監視および管理できます。オペレータは、LOMポートを介してCitrix ADCアプライアンスに接続することにより、IPアドレスの変更、電源のオフ/オン、およびコードダンプを実行できます。

LOM ポートのデフォルト IP アドレスは 192.168.1.3 です。

図。LOM モジュールの初期設定

ローカライズされた画像

ラップトップに静的 IP を設定し、クロスケーブルを使用して LOM インターフェイスに直接接続するか、LOM インターフェイスと同じブロードキャストドメイン内のスイッチに接続します。

初期設定では、Web ブラウザーでポートのデフォルトアドレスhttp://192.168.1.3を入力し、LOM ポートのデフォルト IP アドレスを変更します。

詳細については、『構成ガイド』を参照してください。

ソフトウェア

モバイルネットワーク向けのCitrix ADC TCP最適化は常に進化しています。このドキュメントで説明する機能とチューニングには、Citrix ADC Telcoのビルドが必要です。次に、Citrix ADC 通信会社のビルドの例を示します。

例:

show ver

NetScaler NS11.0: Build 64.957.nc, Date: Aug 26 2016, 02:00:23

T1000に適切なビルドリビジョンが付属していない場合は、Citrix ADCカスタマーサポート にお問い合わせください。

重要

両方のアプライアンスに同じソフトウェアイメージが必要です。

SSH クライアント

Citrix ADCアプライアンスは、CLIまたはHTML5のGUIを使用して構成できます。ただし、この項では CLI ベースの手順のみについて説明します。

CLIにはCitrix ADCシリアルコンソールからアクセスできますが、通常はSSHクライアントを使用してリモートCitrix ADC構成を行うことをお勧めします。

はじめに