Citrix ADC

Diameter、SIP、および SMPP プロトコルに基づくコントロールプレーントラフィックの負荷分散

コントロールプレーントラフィックが増加すると、トラフィックがサーバ間で最適に分散されないため、サーバがボトルネックになる可能性があります。したがって、メッセージは負荷分散する必要があります。Citrix ADCアプライアンスは、直径、SIP、SMPPの負荷分散をサポートします。

SIP

Citrix ADCを使用すると、プロキシサーバーのグループにUDPまたはTCP(TLSを含む)を介してSIPメッセージを負荷分散できます。Citrix ADCでは、Call-IDベースの永続性とCall-IDハッシュ負荷分散方式も提供しています。この方式では、特定のSIPセッションのパケットを同じ負荷分散SIPサーバーに送信します。 Citrix ADC デフォルトの式言語には、セッション開始プロトコル(SIP)接続で動作するいくつかの式が含まれています。これらの式は、要求/応答ベースで動作する SIP プロトコルのポリシーで使用することを意図しています。これらの式は、コンテンツスイッチング、レート制限、レスポンダ、および書き換えポリシーで使用できます。

詳しくは、「SIP サーバグループの負荷分散」を参照してください。

SMPPか

個人と銀行、広告主、ディレクトリサービスなどの付加価値サービスプロバイダーの間で、Short Message peer to peer(SMPP; ショートメッセージピアツーピア)プロトコルを使用して、毎日数百万のショートメッセージが交換されます。多くの場合、サーバーが過負荷になり、トラフィックがサーバー間で最適に分散されないため、メッセージの配信が遅れます。 Citrix ADCアプライアンスは、サーバー間でメッセージを最適に配信し、パフォーマンスの低下や停止を防ぎます。Citrix ADCアプライアンスは、以下の操作を行います。

  • サーバとクライアントから発信されたメッセージの負荷分散
  • メッセージセンターの健全性を監視する
  • メッセージセンターのコンテンツスイッチングサポートを提供
  • 連結されたメッセージを処理します。

制限:メッセージセンターからのメッセージ ID(59 バイトを超えるもの)はサポートされていません。メッセージセンターから返されたメッセージIDの長さが59バイトを超える場合、補助操作は失敗し、Citrix ADCアプライアンスはエラーメッセージで応答します。

詳しくは、「SMPP 負荷分散」を参照してください。

Diameter

直径は、50以上のプロトコル(アプリケーションとも呼ばれます)が構築されたベースプロトコルです。したがって、Telco ネットワークで生成されるトラフィックの直径は高くなります。この直径のトラフィックを最適に維持するために、Citrix ADCアプライアンスは負荷分散とコンテンツスイッチングを行い、リレーエージェントとして機能します。さらに、アプライアンスは、書き換えおよびレスポンダ機能を提供します。アプライアンスは Diameter メッセージのレート制限をサポートしています。

詳しくは、「直径負荷分散の設定」を参照してください。

Diameter、SIP、および SMPP プロトコルに基づくコントロールプレーントラフィックの負荷分散