Citrix ADC

ストライプ、部分ストライプ、およびスポットの構成

コマンド伝播により、クラスタ内のすべてのノードが同じ構成になります。ただし、一部の構成は、特定のクラスターノードでのみ使用できるようにしたい場合があります。構成が使用可能なノードを制限することはできませんが、構成がアクティブなノードを指定することはできます。

例えば、次の作業を行えます。

  • SNIP アドレスを 1 つのノードでのみアクティブにするように定義する。
  • すべてのノードでアクティブにする SNIP アドレスを定義する。
  • VIPアドレスを1つのノードでのみアクティブにすることを定義する。
  • すべてのノードでアクティブな VIP アドレスを定義する。
  • 3 ノードクラスタの 2 つのノードでのみアクティブになるように VIP アドレスを定義する

構成がアクティブになっているノードの数に応じて、クラスター構成は、ストライプ構成、部分ストライプ構成、またはスポット構成と呼ばれます。

図1:ストライプ、部分ストライプ、およびスポット構成を持つ 3 ノードクラスタ

クラスタ部分ストライプ

次の表に、構成のタイプの詳細を示します。

構成の種類 アクティブ・オン 適用対象 構成
ストライプ構成 すべてのクラスタノード すべてのエントリ エンティティをストライプ化するために特定の構成は必要ありません。デフォルトでは、クラスター IP アドレスに定義されているすべてのエンティティは、すべてのクラスターノードでストライプされます。
部分的にストライプされた構成 クラスタノードのサブセット クラスタ・ノード・グループを参照してください。 部分的にストライプするエンティティをノードグループにバインドします。構成は、ノードグループに属するクラスタノード上でのみアクティブになります。
スポッティング 単一クラスタ・ノード SNIP アドレス、SNMP エンジン ID、クラスタノードのホスト名、ノードグループにバインドできるエンティティ スポット設定を定義するには、2 つの方法のいずれかを使用します。SNIP アドレス SNIP アドレスを作成するときは、SNIP アドレスをアクティブにするノードを所有者ノードとして指定します。たとえば、ノード NS2 ID が 2 であると仮定して、SNIP タイプの所有者ノード 2 を次のように追加します(ノード NS2 ID が 2 であると仮定します)。: スポットされた SNIP アドレスの所有権は、実行時に変更できません。所有権を変更するには、最初にSNIPアドレスを削除し、新しい所有者を指定して再度追加する必要があります。ノードグループにバインドできるエンティティ。エンティティを単一メンバーノードグループにバインドします。

USIPを無効にする場合は、スポットのSNIPアドレスを使用することをお勧めします。ストライプ SNIP アドレスを使用できるのは、IP アドレスが不足している場合だけです。ストライプ IP アドレスを使用すると、ARP 解決のために同じサブネットにスポッティング IP アドレスが存在しない場合、ARP フラックスの問題が発生する可能性があります。

USIPを有効にする場合、ストライピングされたSNIPアドレスは、サーバーが開始するトラフィックのゲートウェイとして使用することをお勧めします。

ストライプ IP に対する ARP オーナーのサポート

クラスタのセットアップでは、ストライピング IP の ARP 要求に応答するように特定のノードを設定できます。設定されたノードは ARP トラフィックに応答します。

新しいパラメータ「arpOwner」が「ip を追加、設定、および設定解除」コマンドに導入されました。

CLI を使用して、ノードで ARP 所有者を有効にします。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add ns ip <ip_address> -arpOwner <node_id>

ARP 所有者パラメータは、L2 クラスタでのみサポートされます。

ストライプされた IPv6 アドレスに対するネイバー探索所有者のサポート

クラスタのセットアップでは、特定のノードをストライプされた IPv6 アドレスのネイバー検出(ND)所有者として構成して、リンク層アドレスを決定できます。クライアントは、クラスタのセットアップ内のすべてのノードにネイバー送信請信(NS)メッセージを送信します。ND 所有者は、ストライプ IPv6 アドレスのリンク層アドレスを持つネイバーアドバタイズメント(NA)メッセージで応答し、トラフィックを処理します。

CLI を使用してノードで ND 所有者を有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add ns ip6 <IPv6Address> -ndOwner <node id>

set  ns ip6 <IPv6Address> -ndOwner <node id>

例:

add ns ip6 2001::21/64 -ndOwner 1

set ns ip6 2001::21/64 -ndOwner 1

GUI を使用してノードで ND 所有者を有効にするには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP]に移動します。
  2. [IP] ページで、[IPv6] タブに移動し、[追加] をクリックします。
  3. [IPv6 の作成] ページで、[クラスタ] ドロップダウンメニューの [NDowner] に一覧表示されているノード ID のいずれかを選択します。

ND 所有者パラメータは、L2 クラスタでのみサポートされます。

ストライプ、部分ストライプ、およびスポットの構成