Citrix ADC

クラスターでのキャッシュリダイレクトの使用

クラスター内のキャッシュリダイレクトは、スタンドアロンのCitrix ADCアプライアンスと同じように機能します。唯一の違いは、構成がクラスタ IP アドレスで実行されることです。キャッシュリダイレクトの詳細については、「キャッシュのリダイレクト」を参照してください。

クラスターでトランスペアレントモードでキャッシュのリダイレクトを使用する際の注意点:

  • キャッシュリダイレクトを設定する前に、すべてのノードを外部スイッチに接続し、リンクセットが設定されていることを確認します。それ以外の場合、クライアント要求はドロップされます。

  • 負荷分散仮想サーバで MAC モードが有効になっている場合は、enable ns mode MBF コマンドを使用して、クラスタで MBF モードが有効になっていることを確認します。それ以外の場合、要求はキャッシュサーバーに送信されるのではなく、オリジンサーバーに直接送信されます。

クラスターでのキャッシュリダイレクトの使用