Citrix ADC

クラスターでの GSLB の設定

NetScaler 10.5ビルド52.11以降でサポートされています。

クラスターで GSLB を設定するには、異なる GSLB エンティティをノードグループにバインドする必要があります。ノードグループには単一のメンバーノードが必要です。

注:

静的近接 GSLB メソッドを構成している場合は、静的近接データベースがすべてのクラスターノードに存在することを確認します。これは、データベース・ファイルがデフォルトの場所で使用できる場合にデフォルトで発生します。ただし、データベース・ファイルが /var/netscaler/locdb/ 以外のディレクトリに保持されている場合は、ファイルをすべてのクラスタ・ノードと手動で同期する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してクラスターに GSLB を設定するには:

クラスタ IP アドレスにログオンし、コマンドプロンプトで次の操作を実行します。

  1. 異なる GSLB エンティティを設定します。詳しくは、「GSLB 設定エンティティ」を参照してください。

    GSLB サイトを作成するときは、必ずクラスター IP アドレスとパブリッククラスター IP アドレスを指定してください(クラスターが NAT デバイスの背後にデプロイされている場合にのみ必要)。GSLB サイトを構成するときは、同じサイトのクラスター IP アドレスを使用する必要があります。これらのパラメータは、GSLB 自動同期機能を利用できるようにするために必要です。

    add gslb site <siteName> <siteType> <siteIPAddress> -publicIP <ip_addr> -clip <ip_addr> <publicCLIP>

  2. クラスタノードグループを作成します。

    add cluster nodegroup <name> [-sticky ( YES | NO )]

    VPN ユーザに基づいて GSLB を設定する場合は、スティッキオプションを有効にします。

  3. 1 つのクラスタノードをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -node <nodeId>

  4. ローカルGSLBサイトをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -gslbSite <string>

    ローカル GSLB サイトの IP アドレスの IP アドレスがストライプされていることを確認します (すべてのクラスターノードで利用可能)。

  5. ADNS (または ADNS-TCP) サービスまたは DNS (または DNS-TCP) 負荷分散仮想サーバーをノードグループにバインドします。

    ADNS サービスをバインドするには、次の手順を実行します。

    bind cluster nodegroup <name> -service <string>

    DNS 負荷分散仮想サーバーをバインドするには、次の手順を実行します。

    bind cluster nodegroup <name> -vServer <string>

  6. GSLB 仮想サーバーをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -vServer <string>

  7. [オプション]VPN ユーザーに基づいて GSLBを設定するには、VPN 仮想サーバーを GSLB ノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -vServer <string>

  8. 設定を確認します。

    show gslb runningConfig

グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してクラスターに GSLB を設定するには、次の手順に従います。

クラスタの IP アドレスにログオンし、[構成] タブで次の操作を実行します。

  1. GSLB エンティティを設定します。

    [トラフィック管理] > [GSLB] に移動して、必要な設定を実行します。

  2. ノードグループを作成し、その他のノードグループ関連の設定を実行します。

    [システム] > [クラスタ] > [ノードグループ] に移動して、必要な構成を実行します。

実行する詳細な設定については、上記の CLI 手順の説明を参照してください。

クラスタ内の GSLB 親子トポロジのサポート

NetScaler 12.1ビルド49.xx以降、GSLB親子トポロジはクラスタでサポートされています。

親子トポロジの詳細については、MEP プロトコルを使用した親子トポロジの配置を参照してください。

CLI を使用してクラスターに GSLB 親子トポロジを設定するには

親サイト

次の設定を実行します。

  1. クラスタノードグループを作成します。

    add cluster nodegroup <name>

    例:

    add cluster nodegroup parentng

  2. 1 つのクラスタノードをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -node <nodeId>

    例:

    bind cluster nodegroup parentng -node n2

  3. ローカルGSLBサイトをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -gslbSite <string>

    例:

    bind cluster nodegroup parentng -gslbSite site1

  4. ADNS (または ADNS-TCP) サービスまたは DNS (または DNS-TCP) 負荷分散仮想サーバーをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -service <string>

    例:

    bind cluster nodegroup parentng – service ADNS

  5. GSLB 仮想サーバーをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -vServer <string>

    例:

    bind cluster nodegroup parentng -vServce gslbvs1

子サイト

次の設定を実行します。

  1. クラスタノードグループを作成します。

    add cluster nodegroup <name>

    例:

    add cluster nodegroup childng

  2. 1 つのクラスタノードをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -node <nodeId>

    例:

    bind cluster nodegroup childng -node -n3

  3. ローカルGSLBサイトをノードグループにバインドします。

    bind cluster nodegroup <name> -gslbSite <string>

    例:

    bind cluster nodegroup childng -gslbSite site1

親サイトと子サイトがメトリックベースの負荷分散メソッドで集約された統計を交換するには、子サイトにローカル GSLB サービスを追加する必要があります。メトリックベースの負荷分散方式は、最小接続、最小帯域幅、最小パケットです。

GUI を使用してクラスタに GSLB 親子トポロジを設定するには

  1. GSLB エンティティを設定します。

    [トラフィック管理] > [GSLB] に移動して、必要な設定を実行します。

  2. ノードグループを作成します。

    [システム] > [クラスタ] > [ノードグループ] に移動して、必要な設定を実行します。

  3. 「≪ノード・グループ|Node Group|emdw≫」ページで、ノードをバインドするノード・グループを選択し、「≪編集| Edit|emdw≫」 をクリックして次のタスクを実行します。これらのタスクは、ノードグループを追加するときにも実行できます。

    • ノードをノードグループにバインドします。

      [詳細設定] で、[クラスタノード] をクリックし、次のタスクを実行します。

      • [クラスタノード] セクションで、[クラスタノードなし] をクリックします。
      • [クラスタノードの選択] で、[>] をクリックし、ノードグループにバインドするノードを選択します。新しいクラスターノードを追加することもできます。
    • ローカルGSLBサイトをノードグループにバインドします。

      [詳細設定] で、[GSLB サイト] をクリックし、次のタスクを実行します。

      • [GSLB サイト] セクションで、[GSLB サイトなし] をクリックします。
      • [GSLB サイトの選択] で、[>] をクリックし、ノードグループにバインドする GSLB サイトを選択します。新しい GSLB サイトを追加することもできます。
    • GSLB 仮想サーバーをノードグループにバインドします。

      [詳細設定] で、[仮想サーバー] をクリックし、次のタスクを実行します。

      • [仮想サーバー] ウィンドウで、[+] をクリックします。
      • 「仮想サーバーの選択」で、ノードグループにバインドするサーバーを選択します。
    • ADNS (または ADNS-TCP) サービスまたは DNS (または DNS-TCP) 負荷分散仮想サーバーをノードグループにバインドします。

      [詳細設定] で、[サービス] をクリックし、次のタスクを実行します。

      • [サービス] セクションで、[サービスなし] をクリックします。
      • 「サービスの選択」で、ノードグループにバインドするサービスを選択します。新しいサービスを追加することもできます。

子サイトの場合、クラスターノードとローカルGSLBサイトをノードグループにバインドするだけで済みます。

クラスターでの GSLB の設定