Citrix ADC

HA セットアップのクラスタセットアップへの移行

既存の高可用性(HA)セットアップをクラスタセットアップに移行するには、まず高可用性セットアップからCitrix ADCアプライアンスを削除し、高可用性構成ファイルのバックアップを作成する必要があります。次に、2 つのアプライアンスを使用してクラスタを作成し、バックアップされた構成ファイルをクラスタにアップロードする必要があります。

  • バックアップされた HA 設定ファイルをクラスタにアップロードする前に、クラスタ互換になるように変更する必要があります。以下の手順の該当する手順を参照してください。
  • **batch-f <backup_filename> コマンドを使用して、バックアップされた構成ファイルをアップロードします。

上記のアプローチは、デプロイされたアプリケーションのダウンタイムをもたらす非常に基本的な移行ソリューションです。そのため、アプリケーションの可用性を考慮しないデプロイメントでのみ使用する必要があります。

ただし、ほとんどのデプロイメントでは、アプリケーションの可用性が最も重要です。このような場合は、ダウンタイムが発生することなく、HA セットアップをクラスタセットアップに移行できるアプローチを使用する必要があります。この方法では、最初にセカンダリアプライアンスを削除し、そのアプライアンスを使用して単一ノードクラスタを作成することにより、既存の HA セットアップをクラスタセットアップに移行します。クラスタが動作可能になり、トラフィックを処理すると、HA セットアップのプライマリアプライアンスがクラスタに追加されます。

コマンドラインインターフェイスを使用して HA セットアップを(ダウンタイムなしで)クラスタセットアップに変換するには

次に、プライマリアプライアンス(NS1)(10.102.97.131 およびセカンダリアプライアンス(NS2))-10.102.97.132 を使用したHAセットアップの例を考えてみましょう。

  1. HA ペアの設定が安定していることを確認します。

  2. いずれかの HA アプライアンスにログオンし、シェルに移動し、ns.conf ファイル(ns_backup.conf など)のコピーを作成します。

  3. セカンダリアプライアンス NS2 にログオンし、設定をクリアします。この操作により、HA セットアップから NS2 が削除され、スタンドアロンアプライアンスになります。

    > clear ns config full
    

    • この手順は、NS2がVIPアドレスの所有を開始しないように、スタンドアロン・アプライアンスであるようにするために必要です。
    • この段階では、プライマリアプライアンス NS1 はアクティブのままであり、引き続きトラフィックを処理します。
  4. NS2(セカンダリアプライアンスではなくなった)にクラスタを作成し、PASSIVE ノードとして構成します。

    > add cluster instance 1
    
    > add cluster node 0 10.102.97.132 -state PASSIVE -backplane 0/1/1
    
    > add ns ip 10.102.97.133 255.255.255.255 -type CLIP
    
    > enable cluster instance 1
    
    > save ns config
    
    > reboot -warm
    
  5. バックアップされた構成ファイルを次のように変更します。

    • クラスターでサポートされていない機能を削除します。サポートされていない機能のリストについては、クラスタでサポートされるCitrix ADC 機能を参照してください。これはオプションの手順です。この手順を実行しないと、サポートされていないコマンドの実行は失敗します。

    • インターフェイスを持つ設定を削除するか、c/u 規則から n/c/u 規則にインターフェイス名を更新します。

      > add vlan 10 -ifnum 0/1
      

      次に変更する必要があります。

      > add vlan 10 -ifnum 0/0/1 1/0/1
      
    • バックアップ構成ファイルには、SNIP アドレスを持つことができます。これらのアドレスは、すべてのクラスターノードでストライプされます。各ノードにスポッティング IP アドレスを追加することをお勧めします。

      > add ns ip 1.1.1.1 255.255.255.0 -ownerNode 0
      
      > add ns ip 1.1.1.2 255.255.255.0 -ownerNode 1
      
    • ホスト名を更新して、所有者ノードを指定します。

      > set ns hostname ns0 -ownerNode 0
      
      > set ns hostname ns1 -ownerNode 1
      
    • スポッティング IP に依存する他のすべての関連するネットワーク構成を変更します。たとえば、L3 VLAN、NATIPとしてSNIPを使用するRNAT設定、SNIP/MIPを参照するINATルール)。

  6. クラスターで、次の操作を行います。

    • クラスタバックプレーン、クラスタリンクアグリゲーションチャネルなどを接続して、クラスタにトポロジを変更します。

    • バックアップおよび変更された構成ファイルから構成コーディネータに、クラスタ IP アドレスを通じて構成を適用します。

      > batch -f ns_backup.conf
      
    • ECMP やクラスタリンク集約などの外部トラフィック分散メカニズムを設定します。

  7. トラフィックを HA セットアップからクラスタに切り替えます。

    • プライマリアプライアンス NS1 にログオンし、その上にあるすべてのインターフェイスを無効にします。

      > disable interface <interface_id>
      
    • クラスタIPアドレスにログオンし、NS2をACTIVEノードとして構成します。

      > set cluster node 0 -state ACTIVE
      

    インターフェイスを無効にしてからクラスターノードをアクティブにする間に、わずかなダウンタイムが (秒単位で) 発生することがあります。

  8. プライマリアプライアンス NS1 にログオンし、HA セットアップから削除します。

    • すべての設定をクリアします。この操作により、HA セットアップから NS1 が削除され、スタンドアロンアプライアンスになります。

      > clear ns config full
      
    • すべてのインターフェイスを有効にします。

      > enable interface <interface_id>
      
  9. NS1をクラスタに追加します。

    • クラスタの IP アドレスにログオンし、NS1 をクラスタに追加します。

      > add cluster node 1 10.102.97.131 -state PASSIVE -backplane 1/1/1
      
    • 次のコマンドを順番に実行して、NS1にログオンし、クラスタに参加させます。

      > join cluster -clip 10.102.97.133 -password nsroot
      
      > save ns config
      
      > reboot -warm
      
  10. NS1にログオンし、必要なトポロジーと構成の変更を実行します。

  11. クラスタIPアドレスにログオンし、NS1をACTIVEノードとして設定します。

    > set cluster node 1 -state ACTIVE
    

HA セットアップのクラスタセットアップへの移行