Citrix ADC

AWS アウトポストにCitrix ADC VPXインスタンスをデプロイする

AWS Outposts は、お客様のサイトにデプロイされた AWS コンピューティングおよびストレージ容量のプールです。Outposts は、オンプレミスの場所に AWS インフラストラクチャとサービスを提供しています。AWS は、この容量を AWS リージョンの一部として運用、監視、管理します。オンプレミスと AWS クラウドで同じ Citrix ADC VPX インスタンス、AWS API、ツール、インフラストラクチャを使用して、一貫性のあるハイブリッドエクスペリエンスを実現できます。

アウトポストにサブネットを作成し、EC2 インスタンス、EBS ボリューム、ECS クラスター、RDS インスタンスなどの AWS リソースを作成するときにサブネットを指定できます。Outposts サブネット内のインスタンスは、プライベート IP アドレスを使用して AWS リージョンの他のインスタンスと通信します。これらはすべて、同じ Amazon 仮想プライベートクラウド(VPC)内にあります。

詳しくは、AWS アウトポストユーザーガイドを参照してください。

AWS アウトポストの仕組み

AWS Outposts は、お客様のOutposts と AWS リージョン間の一貫した接続を維持して運用できるように設計されています。このリージョンとオンプレミス環境のローカルワークロードに接続するには、Outpost をオンプレミスネットワークに接続する必要があります。オンプレミスのネットワークは、リージョンとインターネットへの WAN アクセスを提供する必要があります。また、インターネットは、オンプレミスのワークロードまたはアプリケーションが存在するローカルネットワークへの LAN または WAN アクセスを提供する必要があります。

前提要件

  • サイトに AWS Outpost をインストールする必要があります。
  • AWS Outposts のコンピューティング容量とストレージ容量が使用可能である必要があります。

AWS Outposts の注文方法の詳細については、次の AWS ドキュメントを参照してください。 https://aws.amazon.com/blogs/aws/aws-outposts-now-available-order-your-racks-today/

AWS ウェブコンソールを使用して、AWS アウトポストに Citrix ADC VPX インスタンスをデプロイする

次の図は、Citrix ADC VPXインスタンスのアウトポストへの簡単な展開を示しています。AWS マーケットプレイスに存在する Citrix ADC AMI は、アウトポストにもデプロイされます。

AWSの前哨市

AWS ウェブコンソールにログインし、以下の手順を実行して、ADC VPX EC2 インスタンスを AWS アウトポストにデプロイします。

  1. キーペアを作成します。
  2. 仮想プライベートクラウド(VPC)を作成します。
  3. サブネットをさらに追加します。
  4. セキュリティグループとセキュリティルールを作成します。
  5. ルートテーブルを追加します。
  6. インターネットGateway を作成します。
  7. AWS EC2 サービスを使用して ADC VPX インスタンスを作成します。 AWS ダッシュボードから、[コンピューティング] > [EC2] > [インスタンスの起動] > [AWS マーケットプレイス] に移動します。
  8. より多くのネットワークインターフェイスを作成し、接続します。
  9. 管理 NIC にエラスティック IP を接続します。
  10. VPXインスタンスに接続します。

各ステップの詳細な手順については、AWSウェブコンソールを使用して、Citrix ADC VPXインスタンスをAWSにデプロイするを参照してください。

同じアベイラビリティーゾーン展開内の高可用性については、「AWS に高可用性ペアをデプロイする」を参照してください。

AWS アウトポストにCitrix ADC VPXインスタンスをデプロイする