Citrix ADC

異なるアベイラビリティーゾーン内のサーバーの負荷分散

VPXインスタンスは、同じアベイラビリティーゾーンまたは以下で実行されているサーバーの負荷分散に使用できます。

  • 同じ AWS VPC 内の別のアベイラビリティーゾーン(AZ)
  • 別の AWS リージョン
  • VPC 内の AWS EC2

VPXインスタンスが、VPXインスタンスがあるAWS VPC外で実行されているサーバーの負荷を分散できるようにするには、次のように、EIPを使用してインターネットGateway 経由でトラフィックをルーティングするようにインスタンスを設定します。

  1. Citrix ADC VPXインスタンスでSNIPを構成するには、CitrixのCLIまたはGUIを使用します。
  2. サーバー側のトラフィック用にパブリック向きのサブネットを作成して、トラフィックを AZ からルーティングできるようにします。
  3. AWS GUI コンソールを使用して、インターネットGateway ルートをルーティングテーブルに追加します。
  4. 更新したルーティングテーブルをサーバー側のサブネットに関連付けます。
  5. Citrix ADC SNIPアドレスにマップされているサーバー側のプライベートIPアドレスにEIPを関連付けます。

異なるアベイラビリティーゾーン内のサーバーの負荷分散