Citrix ADC

Citrix Gateway アプライアンスのアドレスプール(IIP)を構成する

場合によっては、Citrix Gatewayプラグインを使用して接続するユーザーは、Citrix ADC ゲートウェイアプライアンス用に一意のIPアドレスが必要です。グループのアドレスプール(IPプールとも呼ばれます)を有効にすると、Citrix Gateway アプライアンスは各ユーザーに一意のIPアドレスエイリアスを割り当てることができます。アドレスプールは、イントラネット IP (IIP) アドレスを使用して構成します。

AzureにデプロイされたCitrix Gateway アプライアンスでアドレスプールを構成するには、次の2ステップの手順に従います。

  • Azure のアドレスプールで使用されるプライベート IP アドレスの登録
  • Citrix Gateway アプライアンスでのアドレスプールの構成

Azure ポータルにプライベート IP アドレスを登録する

Azureでは、複数のIPアドレスを持つCitrix ADC VPXインスタンスをデプロイできます。次の2つの方法でIPアドレスをVPXインスタンスに追加できます。

a. VPXインスタンスのProvisioning 中

VPXインスタンスのProvisioning 中に複数のIPアドレスを追加する方法の詳細については、「Citrix ADCスタンドアロンインスタンスの複数のIPアドレスを構成する」を参照してください。VPXインスタンスのProvisioning 中にPowerShell コマンドを使用してIPアドレスを追加する方法については、PowerShell コマンドを使用して、スタンドアロンモードでCitrix ADC VPXインスタンスの複数のIPアドレスを構成するを参照してください。

b. VPXインスタンスをプロビジョニング後

VPXインスタンスをプロビジョニングしたら、以下の手順に従ってAzureポータルにプライベートIPアドレスを登録します。プライベートIPアドレスをCitrix Gateway アプライアンスのアドレスプールとして構成します。

  1. Azure Resource Manager(ARM)から、すでに作成されたCitrix ADC VPXインスタンス > ネットワークインターフェイスに移動します。登録するIIPが属しているサブネットにバインドされているネットワークインターフェイスを選択します。

    ローカライズされた画像

  2. [IP 構成] をクリックし、[追加] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  3. 以下の例のように必要な詳細を入力し、[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

Citrix Gateway アプライアンスでアドレスプールを構成する

Citrix Gateway でアドレスプールを構成する方法の詳細については、「アドレスプールの設定」を参照してください。

制限:IIPアドレスの範囲をユーザーにバインドすることはできません。アドレスプールで使用するすべてのIIPアドレスを登録する必要があります。

Citrix Gateway アプライアンスのアドレスプール(IIP)を構成する