Citrix ADC

PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する

概要

VMware ESX ServerにCitrix ADC VPXインスタンスをインストールして構成したら、vSphere Webクライアントを使用して、PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するように仮想アプライアンスを構成できます。

PCIパススルー機能では、ゲスト仮想マシンからホストに接続された物理PCIおよびPCIeデバイスに直接アクセスできます。

前提条件

  • ホストのIntel XL710 NICのファームウェアバージョンは、5.04です。
  • ホストに接続され構成されているPCIパススルーデバイス
  • サポートされているNIC:
    • Intel X710 10G NIC
    • Intel XL710 Dual Port 40G NIC
    • Intel XL710 Single Port 40G NIC

ホスト上のパススルー・デバイスの構成

パススルーPCIデバイスは、仮想マシンで構成する前に、ホストマシンで構成する必要があります。ホストでパススルーデバイスを構成するには次の手順を実行します。

  1. vSphere Webクライアントのナビゲーターパネルからホストを選択します。
  2. 管理 > 設定 > PCI デバイス をクリックします。すべての利用可能なパススルーデバイスが表示されます。
  3. 構成するデバイスを右クリックし、[Edit] をクリックします。
  4. PCIデバイスの可用性の編集 」ウィンドウが表示されます。
  5. パススルーに使用するデバイスを選択し、[OK] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  6. ホストマシンを再起動します。

Citrix ADC VPXインスタンスでのパススルーデバイスの構成

Citrix ADC VPXインスタンスでパススルーPCIデバイスを構成するには、次の手順に従います。

  1. 仮想マシンの電源を切ります。
  2. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集]を選択します。
  3. [仮想ハードウェア] タブで、[新しい **デバイス] ドロップダウンメニューから [PCI デバイス] を選択し、[追加**] をクリックします。

    ローカライズされた画像

  4. [New PCI device] を展開し、ドロップダウンリストから仮想マシンに接続するパススルーデバイスを選択し、[OK] をクリックします。

    VMXNET3 ネットワークインターフェイスと PCI パススルーネットワークインターフェイスは共存できません。

ローカライズされた画像

  1. ゲスト仮想マシンの電源を入れます。

PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXを設定する手順は完了です。

PCIパススルーネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する