Citrix ADC

大きなサイズの応答を処理するための DNS のジャンボフレームのサポート

Citrix ADC 12.1ビルド49.xx以降、DNSは1,280バイトを超えるUDP応答を処理するためのジャンボフレームをサポートしています。以前は、 Citrix ADCアプライアンスでサポートされるUDPパケットサイズは最大1,280バイトまででした。

プロキシモード、ADNS モード、フォワーダモードでアプライアンスが処理できる最大 UDP パケットサイズを設定するには、[Maximum UDP Packet Size] パラメータ値を設定します。たとえば、最大UDPパケットサイズパラメータ値が4096に設定されている場合、アプライアンスはサイズ4,096バイトのDNS応答を処理できます。

重要

  • プロキシモードでは、DNS クエリーをバックエンドに送信するために、クライアント要求の OPT ペイロードサイズと最大の UDP パケットサイズ値の間の最小サイズが考慮されます。たとえば、クライアント要求の OPT ペイロードサイズが 3000 で、最大の UDP パケットサイズパラメータ値が 4096 に設定されている場合、サイズが 3,000 バイトの DNS クエリがバックエンドに送信されます。

また、バックエンドから、アプライアンスは大きなサイズの応答を受信し、大きなサイズの応答を処理できます。

  • フォワーダモードでは、アプライアンスは OPT ペイロードサイズを UDP パケットサイズパラメータ値と同じ値に設定します。

  • DNSレコードがアプライアンスに対してローカルである場合、アプライアンスは最大UDPパケットサイズパラメータ値と同じ大きさの応答サイズを構成できます。これは、ADNS、プロキシ、および再帰的なリゾルバに適用されます。

CLI を使用して UDP パケットの最大サイズを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set dns parameter [-maxUDPPacketSize <positive_integer>]

例:

set dns parameter -maxUDPPacketSize 10000

: [UDP パケットの最大サイズ] パラメータに設定できる最小値と最大値は、それぞれ 512 と 16384 です。デフォルト値は 1280 です。

CLI を使用して UDP パケットの最大サイズを設定するには

  1. [トラフィック管理] > [DNS] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[DNS 設定の変更] をクリックします。
  3. [最大UDPパケットサイズ] で、最大UDPパケットサイズを指定します。
  4. [OK] をクリックします。

大きなサイズの応答を処理するための DNS のジャンボフレームのサポート