Citrix ADC

DNSの構成

Authoritative Domain Name Server(ADNS)、DNSプロキシサーバー、エンドリゾルバー、またはフォワーダーとして機能するようにCitrix ADCアプライアンスを構成できます。SRVレコード、AAAAレコード、Aレコード、MXレコード、NSレコード、CNAMEレコード、PTRレコード、SOAレコードなど、DNSリソースレコードを追加できます。また、アプライアンスは外部DNSサーバーの負荷を分散できます。

アプライアンスをフォワーダーとして構成する方法が一般的です。この構成では、外部ネームサーバーを追加する必要があります。外部ネームサーバーを追加したら、構成が正しいことを確認する必要があります。

外部ネームサーバーを追加、削除、有効化、および無効化することができます。IPアドレスを指定してネームサーバーを作成するか、既存の仮想サーバーをネームサーバーとして設定できます。

ネームサーバーを追加する場合は、IPアドレスまたはVIP(Virtual IP:仮想IP)アドレスを指定できます。IPアドレスを使用する場合、アプライアンスはラウンドロビン方式で、構成したネームサーバーに要求を負荷分散します。VIPを使用する場合は、任意の負荷分散方式を指定できます。

CLI を使用したネームサーバーの追加

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、ネームサーバーを追加して構成を確認します。

  • <add dns nameServer <IP>

  • <show dns nameServer <IP>

    ``` pre codeblock

    add dns nameServer 10.102.29.10 Done show dns nameServer 10.102.29.10 1) 10.102.29.10 - State: DOWN Done

    ```

GUI を使用したネームサーバーの追加

  1. [トラフィック管理] > [DNS] > [ネームサーバー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[追加] をクリックします。
  3. [ネームサーバの作成] ダイアログボックスで、[IP アドレス] を選択します。
  4. [IP アドレス] テキストボックスに、ネームサーバの IP アドレス (10.102.29.10 など) を入力します。外部ネームサーバを追加する場合は、[Local] チェックボックスをオフにします。
  5. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  6. 追加したネームサーバが [Name Servers] ペインに表示されていることを確認します。

DNSの構成