Citrix ADC

コンテンツスイッチを使用した GSLB サービス選択の設定

一般的な GSLB デプロイメントでは、GSLB 仮想サーバーにバインドされた GSLB サービスの選択に優先順位を付けることができますが、次の操作を行うことはできません。

  • 特定のドメインの GSLB 仮想サーバーにバインドされた GSLB サービスのサブセットから GSLB サービスの選択を制限します。
  • デプロイメント内の GSLB サービスの異なるサブセットに、異なる負荷分散メソッドを適用します。
  • GSLB サービスのサブセットにスピルオーバーポリシーを適用し、GSLB サービスのサブセットのバックアップを作成することはできません。
  • 異なるコンテンツを提供するために GSLB サービスのサブセットを設定します。つまり、異なるGSLBサイト内のサーバー間でコンテンツを切り替えることはできません。GSLB 設定では、サーバーに同じコンテンツが含まれていることを前提としています。
  • 異なる優先順位を持つサブセット GSLB サービスを定義し、サブセット内のサービスを要求に適用する順序を指定します。

コンテンツスイッチング (CS) ポリシーを設定して GSLB 展開をカスタマイズできるようになりました。まず、GSLBサービスのセットを設定し、GSLB仮想サーバーにバインドします。次に、ターゲットタイプGSLBのCS仮想サーバーを構成し、ターゲット仮想サーバーとしてGSLB仮想サーバーを使用してCSポリシーとアクションを定義し、CSポリシーをCS仮想サーバーにバインドします。

重要

  • DNS ベースの式を持つ CS ポリシーのみを、ターゲットタイプ GSLB の CS 仮想サーバーにバインドできます。
  • GLSBサービスが、GSLB仮想サーバーを介してCS仮想サーバーにバインドされている場合、同じGSLBサービスでバインドされた別のGSLB仮想サーバーを、CS仮想サーバーにバインドすることはできません。

2 つの GSLB サイトを含む GLSB デプロイを考えてみましょう。各サイトでは、4つのGSLBサービス(S-1、S-2、S-3、およびS-4)がGSLB仮想サーバーVS-1にバインドされています。ターゲットタイプGSLBのコンテンツスイッチング(CS)仮想サーバーを構成し、VS-1をターゲット仮想サーバーとしてCSポリシーとアクションを定義することができます。これにより、英語でのコンテンツのリクエストはS-1とS-2でのみ処理され、ローカル言語のコンテンツのリクエストはS-3とS-4でのみ処理されます。

S-1 プライオリティを設定するには、バックアップ仮想サーバを VS-1 に設定し、S-2 をバックアップ仮想サーバにバインドします。S-1 はクライアント要求を処理します。サーバ S-1 がダウンした場合、S-2 は要求を処理します。S-1 と S-2 の両方がダウンしている場合、クライアントは空の応答を受け取ります。

コンテンツスイッチングを使用して GSLB サービス選択を設定するには:

  1. GSLB を設定します。手順については、「グローバルサーバロードバランシングの設定」を参照してください。
  2. ターゲットタイプ GSLB のコンテンツスイッチング (CS) 仮想サーバーを構成します。詳しくは、「コンテンツスイッチング仮想サーバーの作成」を参照してください。
  3. コンテンツスイッチング(CS)ポリシーを設定します。詳しくは、「コンテンツスイッチングポリシーの設定」を参照してください。
  4. GSLB 仮想サーバーをターゲット仮想サーバーとして指定する CS アクションを設定します。詳しくは、「コンテンツスイッチングアクションの設定」を参照してください。
  5. CS ポリシーを CS 仮想サーバにバインドします。詳しくは、「コンテンツスイッチング仮想サーバーへのポリシーのバインド」を参照してください。
  6. ドメインを GSLB 仮想サーバーではなく CS 仮想サーバーにバインドします。

構成例

次の設定例では、IP アドレス 5.5.5.5 を持つクライアントからの要求を SERVICE_GSLB1 および SERVICE_GSLB2 に送信します。SERVICE_GSLB1 は SERVICE_GSLB2 よりも高い優先度を持ち、SERVICE_GSLB2 は SERVICE_GSLB1 がダウンしている場合にのみクライアント要求を処理します。SERVICE_GSLB1とSERVICE_GSLB2の両方がダウンしている場合、SERVICE_GSLB3とservice-GSLB4は考慮されず、ブランクの応答がクライアントに送信されます。

add cs vs CSVSERVER_GSLB http –targettype GSLB
Done
add gslb vs VSERVER_GSLB1 http
Done
add gslb vs VSERVER_GSLB2 http
Done
add gslb vs VSERVER_GSLB_BACKUP1 http
Done
set gslb vs VSERVER_GSLB1 -backupvserver VSERVER_GSLB_BACKUP1
Done
add gslb service SERVICE_GSLB1 1.1.1.1 HTTP 80 -sitename site1
Done
add gslb service SERVICE_GSLB2 1.1.1.2 HTTP 80 -sitename site1
Done
add gslb service SERVICE_GSLB3 1.1.1.3 HTTP 80 -sitename site2
Done
add gslb service SERVICE_GSLB4 1.1.1.4 HTTP 80 -sitename site2
Done
bind gslb vs VSERVER_GSLB1 -servicename SERVICE_GSLB1
Done
bind gslb vs VSERVER_GSLB_BACKUP1 -servicename SERVICE_GSLB2
Done
bind gslb vs VSERVER_GSLB2 -servicename SERVICE_GSLB3
Done
bind gslb vs VSERVER_GSLB2 -servicename SERVICE_GSLB4
Done
add cs action a1 -targetvserver VSERVER_GSLB1
Done
add cs policy p1 -rule "CLIENT.IP.SRC.EQ(5.5.5.5)" -action a1
Done
bind cs vs CSVSERVER_GSLB -domainName www.abc.com
Done
bind cs vs CSVSERVER_GSLB -policyname p1 -priority 1
Done
add cs action a2 -targetvserver VSERVER_GSLB2
Done
add cs policy p2 -rule "CLIENT.IP.SRC.EQ(6.6.6.6)" -action a2
Done
bind cs vs CSVSERVER_GSLB -policyname p2 -priority 2
Done

ターゲット仮想サーバー式を GSLBコンテンツスイッチングアクションに関連付ける

ターゲット仮想サーバー式を GSLB コンテンツスイッチングアクションに関連付けることができるようになりました。これにより、GSLBコンテンツスイッチング仮想サーバーは、DNS要求を処理しながら、ターゲットGSLB仮想サーバー名を構成するためにポリシー式を使用することができます。

CLI を使用して式を指定するコンテンツスイッチングアクションを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、HTTP コールアウト応答を取得するようにコンテンツスイッチングアクションを構成します。

add cs action <name> -targetVserverExpr <expression>

例:

add cs action csact_GSLB_VServer -targetVserverExpr "SYS.HTTP_CALLOUT(GSLB_Method_API)"

GUI を使用して式を指定するコンテンツスイッチングアクションを構成するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツの切り替え] > [アクション]に移動します。
  2. コンテンツスイッチングアクションを構成し、ターゲットの負荷分散仮想サーバーの名前を動的に計算する を指定します。

コンテンツスイッチを使用した GSLB サービス選択の設定