Citrix ADC

バックアップルートの設定

プライマリルートがダウンしたときにサービスが中断されないように、バックアップルートを設定できます。バックアップルートが構成されると、Citrix ADCアプライアンスはプライマリルートに障害が発生したときにそのルートを自動的に使用します。まず、LLB 仮想サーバの設定とサービスのバインドの説明に従って、プライマリ仮想サーバを作成します。バックアップルートを構成するには、プライマリ仮想サーバと同様のセカンダリ仮想サーバを作成し、この仮想サーバをバックアップ仮想サーバ(ルート)として指定します。

次の図では、 Router-vip がプライマリ仮想サーバであり、 Backup_Router-vip がバックアップ仮想サーバとして指定されているセカンダリ仮想サーバです。

図1:バックアップルート設定

バックアップルート設定

注: インターネットサービスプロバイダが IPv6 アドレスを提供している場合は、上の図の IPv4 サービスを IPv6 サービスに置き換えます。

デフォルトでは、すべてのトラフィックがプライマリルート経由で送信されます。ただし、プライマリルートに障害が発生すると、次の図に示すように、すべてのトラフィックがバックアップルートに迂回されます。

図2:動作中のバックアップルーティング

動作中のバックアップルーティング

注: インターネットサービスプロバイダが IPv6 アドレスを提供している場合は、上の図の IPv4 サービスを IPv6 サービスに置き換えます。

コマンドラインインターフェイスを使用してセカンダリ仮想サーバをバックアップ仮想サーバとして設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb vserver <name> -backupVserver <string>

例:


set lb vserver Router-vip -backupVServer Backup_Router-vip
> show lb vserver Router-vip
        Router-vip (0.0.0.0:0) - ANY    Type: ADDRESS
        State: UP
        Last state change was at Fri Sep  3 04:46:48 2010
        Time since last state change: 0 days, 03:09:45.600
        Effective State: UP
        Client Idle Timeout: 120 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        No. of Bound Services :  1 (Total)       1 (Active)
        Configured Method: ROUNDROBIN
        Mode: IP
        Persistence: DESTIP     Persistence Mask: 255.255.255.255       Persistence v6MaskLength: 128   Persistence Timeout: 2 min
        Backup: Router2-vip
        Connection Failover: DISABLED
 Done

構成ユーティリティを使用してセカンダリ仮想サーバをバックアップ仮想サーバとして設定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、バックアップ仮想サーバーを設定するセカンダリ仮想サーバーを選択します。
  2. [仮想サーバーの負荷分散] ダイアログボックスの [詳細] で、[保護] を選択します。
  3. [仮想サーバーのバックアップ] ドロップダウンリストで、セカンダリバックアップ仮想サーバーを選択し、[OK] をクリックします。