Citrix ADC

HTTP インラインモニターを構成する

インラインモニタは、これらのサービスがクライアント要求を受信した場合にのみ、バインドされているサービスからの応答を分析し、プローブします。インラインモニターのタイプは HTTP-INLINE で、HTTP サービスおよび HTTPS サービスでのみ動作するように構成できます。インラインモニタは、バインドされているサービスが UP であると判断し、送信される要求に対する応答をチェックします。クライアント要求がサービスに送信されない場合、インラインモニタは、設定された URL を使用してサービスをプローブします。

注:インラインモニターは、HTTPまたはHTTPSグローバルサーバー負荷分散(GSLB)リモートまたはローカルサービスにバインドできません。これらのサービスは、実際の負荷分散Webサーバーではなく仮想サーバーを表すためです。

インラインモニタには、プローブが失敗したときのタイムアウト値と再試行回数があります。Citrix ADCアプライアンスが障害発生時に実行するアクションの種類を次の中から選択できます。

  • なし。明示的なアクションは実行されません。サービスとモニターを表示できます。モニターには、現在連続しているエラー応答の数とチェックされた累積応答の数が表示されます。
  • LOG。イベントを ns/syslog に記録し、カウンタを表示します。
  • DOWN。サービスをマークダウンし、トラフィックをサービスに送信しません。この設定により、サービスへの永続的な接続が切断されます。このアクションはまた、イベントをログに記録し、カウンタを表示します。

サービスがダウンした後も、サービスは設定されたダウンタイムの間 DOWN のままです。DOWN 時間が経過すると、インラインモニタは設定された URL を使用してサービスを調査し、サービスが再び利用可能かどうかを確認します。プローブが成功すると、サービスの状態が UP に変わります。トラフィックはサービスに送信され、監視は以前と同じように再開されます。

インラインモニタを設定するには、ロードバランシング設定でのモニタの設定を参照してください。

HTTP インラインモニターを構成する