Citrix ADC

MySQL およびMicrosoftの SQL サーバーのバージョン設定を構成します

MSSQL および MySQL タイプの負荷分散仮想サーバーに対して、Microsoft® SQL Server® のバージョンと MySQL サーバーのバージョンを指定できます。一部のクライアントが MySQL または Microsoft SQL Server 製品と同じバージョンを実行していないことが予想される場合は、バージョン設定をお勧めします。バージョン設定では、すべての通信がサーバーのバージョンに準拠していることを確認することで、クライアント側接続とサーバー側の接続間の互換性を提供します。

CLI を使用して Microsoft SQL サーバーのバージョンパラメーターを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、負荷分散仮想サーバーの Microsoft SQL Server バージョンパラメーターを設定し、構成を確認します。

set lb vserver <name> -mssqlServerVersion <mssqlServerVersion>

show lb vserver <name>

> set lb vserver myMSSQLvip -mssqlServerVersion 2008R2
 Done
> show lb vserver myMSSQLvip
    myMSSQLvip (190.0.2.12:1433) - MSSQL    Type: ADDRESS
 . . .
 . . .
    MSsql Server Version: 2008R2
    . . .
    . . .
 Done
>

CLI を使用して MySQL サーバーのバージョンパラメーターを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、負荷分散仮想サーバーの MySQL Server バージョンパラメータを設定し、設定を確認します。

set lb vserver <name> -mysqlServerVersion <string>

show lb vserver <name>

> set lb vserver mysqlsvr -mysqlserverversion 5.5.30
 Done
> sh lb vserver mysqlsvr
     mysqlsvr (2.22.2.222:3306) - MYSQL      Type: ADDRESS
 . . .
 . . .
     Mysql Server Version: 5.5.30
    . . .
    . . .
 Done
>

GUI を使用して MySQL サーバーまたは SQL サーバーのバージョンパラメーターを設定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. MySQL または MSSQL タイプの仮想サーバーを開き、サーバーのバージョンを設定します。

MySQL およびMicrosoftの SQL サーバーのバージョン設定を構成します