Citrix ADC

ユースケース 4: DSR モードで LINUX サーバーを構成する

LINUXオペレーティングシステムでは、DSRクラスタ内の各負荷分散サーバーで、Citrix ADCアプライアンスの仮想IPアドレス(VIP)を使用してループバックインターフェイスを設定する必要があります。

DSR モードで LINUX サーバーを構成するには

負荷分散された各サーバー上のCitrix ADCアプライアンスのVIPとのループバックインターフェイスを作成するには、Linux OSプロンプトで次のコマンドを入力します。

ifconfig dummy0 up

ifconfig dummy0:0 inet <netscaler vip> netmask 255.255.255.255 up

echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/conf/dummy0/arp_ignore

echo 2 > /proc/sys/net/ipv4/conf/dummy0/arp_announce

次に、TOS ID を VIP に再マッピングするソフトウェアを実行します。

注:ソフトウェアを実行する前に、適切なマッピングをソフトウェアに追加してください。上記のコマンドでは、LINUX サーバーは dummy0 を使用してネットワークに接続します。このコマンドを使用する場合は、LINUX サーバーがネットワークに接続するために使用するインターフェイスの名前を入力します。

ユースケース 4: DSR モードで LINUX サーバーを構成する