Citrix ADC

HTTP 要求をキャッシュにリダイレクトする

Citrix ADCキャッシュリダイレクト機能は、HTTP要求をキャッシュにリダイレクトします。キャッシュリダイレクト機能を適切に実装することで、HTTP 要求への応答の影響を大幅に軽減し、Web サイトのパフォーマンスを向上させることができます。

キャッシュは、頻繁に要求された HTTP コンテンツを格納します。仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成すると、Citrix ADCアプライアンスはキャッシュ可能なHTTPリクエストをキャッシュに送信し、キャッシュ不可能なHTTPリクエストを元のWebサーバーに送信します。

CLI を使用して仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb vserver <name> -cacheable <Value>

例:

set lb vserver Vserver-LB-1 -cacheable yes

GUI を使用して仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定] で、[トラフィックの設定] をクリックし、[キャッシュ可能] を選択します。

HTTP 要求をキャッシュにリダイレクトする