Citrix ADC

Diameter AVP 番号の永続性

Diameter メッセージの属性値ペア (AVP) 番号に基づくパーシステンスを使用して、Diameter セッションを作成できます。Citrix ADCアプライアンスは、DiameterメッセージでAVPを検出すると、AVPの値に基づいてパーシステンスセッションを作成します。AVP の値と一致する後続のすべてのメッセージは、以前に選択したサーバに送信されます。AVP の値が永続性セッションと一致しない場合、新しい値に対して新しいセッションが作成されます。

注:AVP番号が Diameter ベースプロトコル RFC 6733 で定義されておらず、その番号がグループ化された AVP 内にネストされている場合は、AVP 番号のシーケンス(最大 3)を親から子の順に定義する必要があります。たとえば、持続型 AVP 番号 X が、Z でネストされている AVP Y 内にネストされている場合、リストを Z Y X として定義します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーで Diameter ベースの永続性を構成するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

set lb vserver <name> -PersistenceType <type-> persistAVPno <positive_integer>

例:

set lb vserver diameter_vs -persistenceType DIAMETER -persistAVPno 263

Diameter AVP 番号の永続性