Citrix ADC

持続性グループの設定

複数の異なる種類の接続 (マルチメディアをホストする Web サーバーなど) を処理する負荷分散サーバーがある場合、これらの接続を処理するように仮想サーバーグループを構成できます。仮想サーバーグループを作成するには、負荷分散サーバーが受け入れる接続の種類ごとに 1 つずつ、異なる種類の仮想サーバーを 1 つのグループにバインドします。次に、グループ全体にパーシステンスタイプを設定します。

永続性グループには、ソース IP ベースの永続性または HTTP cookie ベースの永続性を設定できます。グループ全体に対してパーシステンスを設定した後は、グループ内の個々の仮想サーバーに対してパーシステンスを変更することはできません。グループでパーシステンスを構成し、新しい仮想サーバーをグループに追加すると、新しい仮想サーバーのパーシステンスは、グループのパーシステンス設定と一致するように変更されます。

永続性が仮想サーバのグループに設定されている場合、各クライアント要求を受信するグループ内の仮想サーバに関係なく、初期要求に対して永続性セッションが作成され、後続の要求は初期要求と同じサービスに送信されます。

永続性セッションを持つ仮想サーバーを、異なる永続性タイプの負荷分散グループに追加すると、古い永続性タイプに固有の既存の永続セッションが削除されます。永続セッションは、トラフィックを同じ仮想サーバに送信する必要があるか、別のサーバに送信する必要があるかを決定します。したがって、既存の確立された接続には影響しません。

負荷分散グループの永続性タイプは、仮想サーバーのプロトコルタイプに関係なく、そのグループにバインドされているすべての仮想サーバーに適用されます。負荷分散グループは、次の永続性タイプをサポートしています。

  • sourceIP
  • CookieInsert
  • 規則

一部の仮想サーバーは、特定の永続性タイプのみをサポートします。たとえば、SSL_BRIDGE タイプの仮想サーバーは、LB グループに対して SourceIP 永続性タイプのみを使用できます。

HTTP クッキーベースの永続性を設定する場合、HTTP クッキーのドメイン属性が設定されます。この設定により、異なる仮想サーバーが異なるパブリックホスト名を持つ場合、クライアントソフトウェアはクライアント要求に HTTP cookie を追加します。CookieInsert パーシステンスタイプの詳細については、「HTTP クッキーに基づくパーシステンス」を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバー永続性グループを作成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind lb group <vServerGroupName> <vServerName> -persistenceType <PersistenceType>

例:

bind lb group Vserver-Group-1 Vserver-LB-1 -persistenceType CookieInsert

構成ユーティリティを使用して仮想サーバグループを変更するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [持続性グループ] に移動し、永続性グループを作成し、このグループの一部にする必要がある仮想サーバーを指定します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーグループを変更するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb group <vServerGroupName> -PersistenceBackup <BackupPersistenceType> -persistMask <SubnetMaskAddress>

例:

set lb group vserver-Group-1 -PersistenceBackup SourceIP -persistMask 255.255.255.255