Citrix ADC

インターフェイス

インターフェイスの設定を開始する前に、設定で MAC ベースの転送モードを使用できるかどうかを決定し、それに応じてこのシステム設定を有効または無効にします。構成内のインターフェイスの数は、Citrix ADCアプライアンスのモデルによって異なります。個々のインターフェイスを設定する以外に、インターフェイスを論理的にグループ化し、VLAN を使用して一連のインターフェイス内のデータフローを制限したり、リンクをチャネルに集約したりできます。高可用性セットアップでは、必要に応じて仮想 MAC アドレスを設定できます。L2 モードを使用する場合は、ブリッジテーブルのエージングを変更できます。

設定が完了したら、パス MTU ディスカバリのシステム設定を有効にするかどうかを決定します。Citrix ADCアプライアンスは、VRRPを使用してアクティブ-アクティブモードで展開できます。アクティブ-アクティブ展開では、ダウンタイムを防止するだけでなく、展開内のすべてのCitrix ADCアプライアンスを効率的に使用できます。ネットワークビジュアライザーツールを使用して、Citrix ADC展開のネットワーク構成を表示し、インターフェイス、チャネル、VLAN、およびブリッジグループを構成できます。

インターフェイス