Citrix ADC

Citrix ADC プロキシの接続方法

クライアントが接続を開始すると、Citrix ADCアプライアンスはクライアント接続を終了し、適切なサーバーへの接続を開始し、パケットをサーバーに送信します。アプライアンスは、サービスタイプ UDP または ANY に対してこのアクションを実行しません。

サービスタイプの詳細については、負荷分散を参照してください。

サーバーとの接続を開始する前に、パケットを処理するようにCitrix ADCを構成できます。デフォルトの動作では、パケットをサーバに送信する前に、パケットの送信元と宛先 IP アドレスを変更します。[Use Source IP]モードを有効にすると、パケットの送信元IPアドレスを保持するようにCitrix ADCを構成できます。

宛先 IP アドレスの選択方法

Citrix ADCアプライアンスに送信されるトラフィックは、仮想サーバーまたはサービスに送信できます。アプライアンスは、仮想サーバとサービスへのトラフィックを別々に処理します。Citrix ADCは、次の図に示すように、仮想サーバーIP(VIP)アドレスで受信したトラフィックを終了し、宛先IPアドレスをサーバーのIPアドレスに変更してから、トラフィックをサーバーに転送します。

図1:VIP への接続のプロキシ

プロキシ接続 vip

サービス宛のパケットは適切なサーバーに直接送信され、Citrix ADCは宛先IPアドレスを変更しません。この場合、Citrix ADCはプロキシとして機能します。

送信元 IP アドレスの選択方法

Citrix ADCアプライアンスが物理サーバーまたはピアデバイスと通信する場合、デフォルトでは、クライアントのIPアドレスは使用されません。Citrix ADCは、サブネットIPアドレス(SNIP)のプールを維持し、物理サーバーへの接続の送信元IPアドレスとして使用するIPアドレスをこのプールから選択します。物理サーバーが配置されているサブネットに応じて、Citrix ADCは特定のSNIPアドレスを選択します。

注: 「ソースIP(USIP)の使用」オプションが有効になっている場合、アプライアンスはクライアントのIPアドレスを使用します。

Citrix ADC プロキシの接続方法