Citrix ADC

仮想サーバ設定に基づくルートヘルスインジェクション

VIPアドレスのルートをアドバタイズするために、Citrix ADCアプライアンスのルートヘルスインジェクション(RHI)機能を制御するために、次のオプションとパラメータが導入されています。

  • VSVR_CNTRLD。これは、VIP アドレスの (仮想サーバー RHI レベル) パラメータのオプションです。このオプションを Vserver RHI Level パラメータに設定した場合、VIP アドレスのルートをアドバタイズするための RHI 動作は、VIP アドレスの関連付けられたすべての仮想サーバの RHI STATE パラメータ設定とその状態に依存します。
  • RHI STATE。これは、仮想サーバのパラメータです。RHI STATE パラメータは、パッシブまたはアクティブのいずれかに設定できます。デフォルトでは、RHI STATE パラメータはパッシブに設定されています。

VIP アドレスの場合、RHI (Vserver RHI Level) パラメータが VSVR_CNTRLD に設定されている場合、VIP アドレスに関連付けられた仮想サーバの RHI 状態設定に基づいて、VIP アドレスに対する異なる RHI 動作を次に示します。

  • すべての仮想サーバーでRHI STATEをパッシブに設定すると、Citrix ADCは常にVIPアドレスのルートをアドバタイズします。
  • すべての仮想サーバーでRHI STATEをACTIVE に設定すると、関連付けられた仮想サーバーの少なくとも1つがUP状態になると、Citrix ADCはVIPアドレスのルートをアドバタイズします。
  • RHI STATEを一部ACTIVE、他部ACTIVE に設定した場合、RHI STATEがACTIVE に設定されている関連付けられた仮想サーバーの少なくとも1つがUP状態の場合、Citrix ADCはVIPアドレスのルートをアドバタイズします。

次の表は、VIP アドレスに関連付けられた仮想サーバーの RHI STATE 設定に基づいた VIP アドレスの RHI 動作のサンプルを示しています。Citrix ADCアプライアンスには、VIPアドレスに関連付けられた2つの仮想サーバーV1とV2があります。

VIP の関連付けられた仮想サーバー 状態1 状態2 状態3 状態4
すべての仮想サーバーで RHI 状態が Passive に設定されている        
V1 UP UP DOWN DOWN
V2 UP DOWN UP DOWN
この VIP アドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい はい はい
すべての仮想サーバで RHI 状態が ACTIVE に設定されている        
V1 UP UP DOWN DOWN
V2 UP DOWN UP DOWN
この VIP アドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい はい いいえ
RHI 状態が 1 つの仮想サーバーで ACTIVE、もう 1 つの仮想サーバーで Passive        
V1 (RHI State = ACTIVE) UP UP DOWN DOWN
V2 (RHI State = PASSIVE) UP DOWN UP DOWN
この VIP アドレスのルートをアドバタイズしますか? はい はい いいえ いいえ

関連付けられた仮想サーバの RHI(RHI State)パラメータ設定に基づいて VIP アドレスの RHI を設定するには、次の手順を実行します。

  • VIP アドレスの RHI(仮想サーバ RHI レベル)パラメータを VSVR_CNTRLD に設定します。
  • VIP アドレスに関連付けられた各仮想サーバの RHI State パラメータを設定します。

CLI を使用して VIP アドレスの vServer RHI レベルを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set ns ip <IPAddress> [-vserverRHILevel <vserverRHILevel>]

CLI を使用して仮想サーバの RHI State パラメータを設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set lb vserver <name> [-RHIstate ( PASSIVE | ACTIVE )]

GUI を使用して VIP アドレスの vServer RHI レベルを設定するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動します。
  2. VIP アドレスを選択し、[編集] をクリックします。
  3. Vserver の RHI レベル パラメーターを VSVR_CNTRLD に設定し、[OK] をクリックします。

GUI を使用して仮想サーバーの RHI 状態パラメーターを設定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 負荷分散仮想サーバーを選択し、[編集] をクリックします。
  3. [RHI 状態] パラメータを設定し、[OK] をクリックします。

仮想サーバ設定に基づくルートヘルスインジェクション