Citrix ADC

SSL ポリシーバインディング

SSL ポリシーは、グローバルに、または SSL 仮想サーバにバインドできます。グローバルにバインドされたポリシーは、サービス、仮想サーバー、またはその他のCitrix ADCバインドポイントにバインドされたすべてのポリシーが評価された後に評価されます。着信データが SSL ポリシーで設定された規則のいずれかに一致する場合、ポリシーがトリガーされ、ポリシーに関連付けられたアクションが実行されます。

SSL ポリシーを仮想サーバーにバインドする場合は、次のいずれかのバインドポイントを選択する必要があります。

  • REQUEST (デフォルトのバインドポイント。ポリシー評価は、SSL ハンドシェイクの完了後に HTTP レイヤーで行われます)。

  • INTERCEPT_REQ_REQ(このオプションは、Citrix Secure Web Gateway のセットアップに適用されます。詳細については、SSL 代行受信のための SSL ポリシーインフラストラクチャを参照してください)。

  • CLIENTHELLO.REQ

同様に、仮想サーバからポリシーをバインド解除する場合は、バインドポイントを指定する必要があります。

CLIENTHELLO_REQ をバインドポイントとして指定すると、クライアントの hello メッセージを受信したときにポリシーが評価されます。許可されるアクションは、RESET、FORWARD、およびcaCertGrpNameです。reset アクションは、接続を終了します。転送アクションは、要求をロードバランシング仮想サーバに転送して処理します。caCertGrpName アクションは、クライアント認証のために SNI に基づいて CA を選択的に選択します。SSL アクションの詳細については、「SSL 組み込みアクションとユーザー定義アクション」を参照してください。

CLI を使用して SSL ポリシーをグローバルにバインドする

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、グローバル SSL ポリシーをバインドし、構成を確認します。

bind ssl global - policyName <string> [- priority <positive_integer>]
show ssl global

例:

bind ssl global -policyName Policy-SSL-2 -priority 90
Done

sh ssl global

     1) Name: Policy-SSL-2 Priority: 90
     2) Name: Policy-SSL-1 Priority: 100
     Done

GUI を使用して SSL ポリシーをグローバルにバインドする

  1. [トラフィック管理] > [SSL] > [ポリシー] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、[グローバルバインド] をクリックします。
  3. [SSL ポリシーをグローバルにバインド/バインド解除] ダイアログボックスで、[ポリシーの挿入] をクリックします。
  4. [ポリシー名] リストで、ポリシーを選択します。
  5. 必要に応じて、エントリをポリシーバンク内の新しい位置にドラッグして、優先度レベルを自動的に更新します。
  6. [OK] をクリックします。ポリシーが正常にバインドされたことを示すメッセージがステータスバーに表示されます。

CLI を使用して SSL ポリシーを仮想サーバーにバインドまたはバインド解除する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、SSLポリシーを仮想サーバーにバインドし、構成を確認します。

bind ssl vserver <vServerName> -policyName <string> -priority <positive_integer> -type <type>

unbind ssl vserver <vServerName> -policyName <string> -priority <positive_integer> -type <type>

例:

bind ssl vserver v1 -policyName pol1 -priority 1 -type CLIENTHELLO_REQ
unbind ssl vserver v1 -policyName pol1 -priority 1 -type CLIENTHELLO_REQ
show ssl vserver vs-server

Advanced SSL configuration for VServer vs-server:

DH: DISABLED

Ephemeral RSA: ENABLED          Refresh Count: 1000

Session Reuse: ENABLED          Timeout: 120 seconds

Cipher Redirect: DISABLED

SSLv2 Redirect: DISABLED

ClearText Port: 80

Client Auth: DISABLED

SSL Redirect: ENABLED

SSL-REDIRECT Port Rewrite: ENABLED

Non FIPS Ciphers: DISABLED

SSLv2: DISABLED SSLv3: ENABLED  TLSv1: ENABLED

1)      Policy Name: ssl-policy-1        Priority: 10

1)      Cipher Name: DEFAULT

            Description: Predefined Cipher Alias

Done

GUI を使用して SSL ポリシーを仮想サーバーにバインドする

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、SSL 仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で [SSL ポリシー] を選択します。[SSL policy] セクションをクリックして、ポリシーを仮想サーバにバインドします。
  3. [ポリシーバインディング] ページで、既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを追加します。
  4. ポリシーのプライオリティとタイプ(バインドポイント)を指定します。
  5. [バインド] を選択します。
  6. [完了] を選択します。