Citrix ADC

Citrix ADC管理インターフェイスに対するシステムユーザー認証の制限

CLIやAPIなどの特定のCitrix ADC管理インターフェイスへのシステムユーザーアクセスを制限できます。allowedManagementInterfaceパラメータは、許可される管理インターフェイスのリストを定義します。たとえば、ユーザーまたはグループの管理インターフェイスがAPIに設定されている場合、グループ内のすべてのユーザーはCLI経由ではなく、API経由でCitrix ADCにアクセスできます。ただし、Citrix ADC GUIはAPIインターフェイスの一部であり、API権限を持つユーザーはGUIインターフェイスにもアクセスできます。

注:

デフォルトでは、ユーザとグループは、すべてのインターフェイス(CLI、API、GUI)にアクセスできます。

パラメータは、ユーザレベルまたはユーザグループレベルのいずれかで設定できます。グループレベルで設定する場合、設定はグループ内のすべてのユーザアカウントに適用されます。ユーザーが複数のグループにバインドされている場合、アプライアンスは管理インターフェイスの集約セットへのアクセスを許可します。ユーザーレベルでパラメータを構成することで、グループ内のユーザー の設定を指定できます。この場合、グループに対してユーザーレベルの設定が構成されます。 特定のシナリオでは、ユーザーが外部認証サーバーを使用してユーザー・アカウントを管理している場合、サーバーの詳細がアプライアンス上で構成されます。この場合、管理者はCitrix ADCアプライアンスにユーザーグループを作成し、すべてのユーザー(外部サーバーでグループ化)をグループに追加できます。たとえば、外部サーバーで管理されているすべてのユーザーがAPI_usersグループに追加され、管理者はアプライアンス上でローカルにグループを設定できます。

注:

Citrix ADCアプライアンスでは、nsroot 管理者(スーパーユーザー)のみがパラメータを構成でき、システムユーザーがパラメータ設定を変更することはできません。

CLIを使用してCitrix ADC管理インターフェイスへのユーザーアクセスを構成する

特定の管理インターフェイスへのユーザーアクセスを許可するには、許可された管理インターフェイスパラメータを設定する必要があります。コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set system group <groupName> [-allowedManagementInterface ( CLI | API )]

例:

set system group network_usergroup –allowedManagementInterface CLI

パラメータの説明については、認証および認可コマンドリファレンス トピックを参照してください。

Citrix GUIおよびCLIインターフェイスについては、Citrix ADC へのアクセス トピックを参照してください。

Citrix ADC管理インターフェイスに対するシステムユーザー認証の制限