Citrix ADC

データセンターとソフトレイヤーエンタープライズクラウド間のCloudBridge Connectorトンネルの設定

GUIには、データセンター内のCitrix ADCアプライアンスと、SoftLayerエンタープライズクラウド上のCitrix ADC VPXインスタンス間のCloudBridge Connectorトンネルを簡単に構成できるウィザードが含まれています。

データセンターでCitrix ADCアプライアンスのウィザードを使用すると、Citrix ADCアプライアンスで作成されたCloudBridge Connectorトンネル構成が、CloudBridge Connectorトンネルの他のエンドポイントまたはピア(SoftLayer上のCitrix ADC VPX)に自動的にプッシュされます。

データセンターでCitrix ADCアプライアンスのウィザードを使用して、以下の手順を実行してCloudBridge Connectorトンネルを構成します。

  1. ユーザーログオン資格情報を指定して、Softlayer エンタープライズクラウドに接続します。
  2. Citrix ADC VPX アプライアンスを実行しているCitrix XenServerを選択します。
  3. Citrix ADC VPXアプライアンスを選択します。
  4. CloudBridge Connectorのトンネルパラメーターを次の対象に指定します。
    • GRE トンネルを設定します。
    • GRE トンネルに IPsec を設定します。
    • 名前を指定して、CloudBridge Connectorの論理表現であるネットブリッジを作成します。
    • GRE トンネルをネットブリッジにバインドします。

GUI を使用して CloudBridge Connectorトンネルを設定するには

  1. アプライアンスのアカウント認証情報を使用して、データセンター内のCitrix ADCアプライアンスのGUIにログオンします。
  2. [システム] > [CloudBridge Connector**] に移動します。
  3. 右側のペインの [はじめに] で、[CloudBridge Connectorの作成/監視] をクリックします。

  4. [は じめに] をクリックします。

Citrix ADCアプライアンスでCloudBridge Connectorトンネルがすでに設定されている場合、この画面は表示されず、CloudBridge Connectorのセットアップペインが表示されます。

  1. CloudBridge Connectorのセットアップペインで、[Softlayer] をクリックし、ウィザードの指示に従います。

CloudBridge Connectorトンネルの監視

CloudBridge Connectorのトンネル統計カウンタを使用して、Citrix ADCアプライアンス上のCloudBridge Connectorトンネルのパフォーマンスを監視できます。Citrix ADCアプライアンスでのCloudBridge Connectorトンネルの統計情報の表示の詳細については、「CloudBridge Connectorトンネルのモニタリング」を参照してください。

データセンターとソフトレイヤーエンタープライズクラウド間のCloudBridge Connectorトンネルの設定