Citrix ADC

異なるサブネットでの高可用性ノードの構成

次の図は、2 つのシステムが異なるサブネットに配置された HA 配置を示しています。

図1:ルーテッドネットワークでの高可用性

ローカライズされた画像

この図では、システム NS1 と NS2 が、2 つの異なるサブネット上の 2 つの別々のルータ R3 と R4 に接続されています。Citrix ADCアプライアンスは、ルーターを介してハートビートパケットを交換します。この設定は、任意の数のインターフェイスが関与する配置に対応するように拡張できます。

ネットワークでスタティックルーティングを使用する場合は、ハートビートパケットが正常に送受信されるように、すべてのシステム間にスタティックルートを追加する必要があります。(システムでダイナミックルーティングを使用する場合、スタティックルートは不要です)。

HA ペアのノードが 2 つの別々のネットワーク上に存在する場合、プライマリノードとセカンダリノードは独立したネットワーク構成を持つ必要があります。つまり、異なるネットワーク上のノードは、SNIP、VLAN、ルートなどのエンティティを共有できません。このタイプの構成は、HA ペアのノードで設定可能なパラメータが異なるため、独立ネットワーク構成(INC)または対称ネットワーク構成(SNC)と呼ばれます。

次の表は、INC の設定可能なエンティティとオプションの概要と、各ノードでの設定方法を示しています。

NetScaler エンティティ オプション
IP(NSIP/SNIP) ノード固有。そのノードでのみアクティブです。
VIP フローティング。
VLAN ノード固有。そのノードでのみアクティブです。
ルート ノード固有。そのノードでのみアクティブです。リンクロードバランシングルートはフローティングです。
ACL フローティング (共通)。両方のノードでアクティブです。
動的ルーティング ノード固有。そのノードでのみアクティブです。また、セカンダリノードはルーティングプロトコルを実行し、アップストリームルータとピアリングする必要があります。
L2モード フローティング (共通)。両方のノードでアクティブです。
L3モード フローティング (共通)。両方のノードでアクティブです。
リバース NAT (RNAT) ノード固有。NATIP がフローティングであるため、VIP を使用した RNAT。

同じサブネット内のHAノードを構成する場合と同様に、異なるサブネットにHAノードを構成するには、2つのCitrix ADCアプライアンスのそれぞれにログオンし、もう一方のアプライアンスを表すリモートノードを追加します。

リモートノードの追加

HA ペアの 2 つのノードが異なるサブネット上に存在する場合、各ノードは異なるネットワーク構成を持つ必要があります。したがって、HA ペアとして機能するように 2 つの独立したシステムを設定するには、設定プロセス中に INC モードを指定する必要があります。

HA ノードを追加するときは、接続されていないインターフェイスやトラフィックに使用されていないインターフェイスごとに HA モニタを無効にする必要があります。CLI ユーザーの場合、これは別の手順です。

コマンドラインインターフェイスを使用してノードを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add ha node <id> <IPAddress> -inc ENABLED
  • show ha node

> add ha node 3 10.102.29.170 -inc ENABLED
 Done
> add ha node 3 1000:0000:0000:0000:0005:0600:700a:888b
  Done

コマンドラインインターフェイスを使用して HA モニタを無効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set interface <ifNum> [-haMonitor ( **ON** | **OFF** )]
  • show interface <ifNum>

> set interface 1/3 -haMonitor OFF
 Done

GUI を使用してリモートノードを追加するには

  1. [システム] > [高可用性] に移動し、[ノード] タブで新しいリモートノードを追加します。
  2. [ダウンしているインターフェイス/チャネルの HA モニタをオフにする] と [セルフモードで INC (独立ネットワーク構成) モードをオンにする] オプションを選択してください。

ノードの削除

ノードを削除すると、ノードは高可用性構成になりません。

コマンドラインインターフェイスを使用してノードを削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm ha node <id>

> rm ha node 2
  Done

GUI を使用してノードを削除するには

[システム] > [高可用性] に移動し、[ノード] タブでノードを削除します。

ネットワークビジュアライザーを使用して、高可用性(HA)ペアとして構成されているCitrix ADCアプライアンスを表示し、高可用性構成タスクを実行できます。

異なるサブネットでの高可用性ノードの構成